悪質商法の事例          作成日 09/1/4 更新日 
悪質競馬情報の事例 110

 板倉事務所トップページ > 競馬情報詐欺一覧

悪質業者に欺されて、困ったと思ったら、とにかく誰かに 相 談 しましょう。
〜悪いのは欺した人間です。あなたは悪くありません〜    安心し、冷静になれ、勇気が出ます。
名前が検索できない会社であっても、競馬情報料が数万円でも詐欺の可能性大。何十万円、ましてや
何百万円なら間違いなく詐欺です。
   気になる探偵社・非営利団体  2次被害
 競馬情報詐欺会社 愛馬の会(株)愛馬、川井勝人 
 当ホームページの記事をみて、騙されたことに気が付いたというご連絡を時々頂きます。事前に見ていたら騙されなかったのにと残念がる方もいます。振り込め詐欺が絶えないように、故意に人を騙す行為を常習として行っている者たちがいます。そういう実態の一部を知る者の一人として、ささやかながら、注意喚起の為、当該ページを作成しています。
請 求 中
多くの方に、詐欺の手口を紹介し、自分もだまされているということに気づいて頂くために、事例を公表しています。
愛馬はかつて情報料を全額黙って戻してきていた時期がありました。しかし、その後、弁護士を代理人として立ててくるようになり、被害者との交渉が長引くようになりました。これは被害者にとっても喜ばしいことではありませんが、(株)愛馬にとっても好ましいことではないのではないでしょうか。弁護士が出ることで解決が長引く。この事実を(株)愛馬の経営者はどのように考えているのでしょうか。09/2/8
1、事案の概要  


 A氏はインターネットの競馬の欄で「愛馬の会」を見、登録して資料請求をしました。
 2007年12月、資料が届き、その後愛馬の会の伊藤から連絡が入り、説明を聞きました。ホームページを見て、実際に顔写真が写った人のコメントがあり、車を購入できたり、マンションを購入している話題があり、掛け金も高いことや、伊藤の「4大馬主会」の言葉が印象に残り、情報の精度が高く、的中率が高いのだろうと思いました。そこで、父親の名前で入会しました。
 伊藤は、入会の前も後も、「私が今まで担当した方で負けたことがない。」と何度も言い、「当社は、4大馬主会のひとつである。馬主の情報の精度は高い。」と常に話していました。「情報料はレベルVは40万円ですが、過去の不的中はありません。」と自信満々の話に、A氏は信じてみようと思いました。
 しかし、伊藤氏から、「新規の会員様はレベルXは参加出来ないので、レベルSに参加いただきます。」と言われ、12月に20万円を愛馬の会の口座に振込みました。すると、入金を確認してすぐに連絡があり、「入金を確かに確認しました。金曜日の夕方に買い目の情報を携帯メールに連絡します。」と言われました。そして、金曜日の夕方に、Aの携帯にレース名と3点(3連単)の買い目情報、及び1点1万円の掛け金の指示があり、小倉競馬場にて購入するも、不的中でした。
 最初の投資のレースが不的中になり、伊藤から、「誠に申し訳ございませんでした。次は必ず的中しますので私を信じてください。」と熱い思いを語られました。「2週連続で不的中は過去に例がありません。絶対に的中しますので、信じてください。4大馬主会の情報精度は高いものですから。もう一度チャンスを下さい。」と粘られ、次のレースを期待しました。
 その後伊藤氏より、「上層部に相談して、レベルXを確保できました。おめでとうございます。レベルXははずしたことがないくらい情報の精度が高く絶対的中しますので信じてください。」と話があり、それを信用して、1月11日に、30万円を愛馬の会口座に振り込みました。そして3点指示で各1点1万円ずつ購入するも、またもや不的中でした。
 すると翌火曜日に伊藤氏から、「誠に申し訳ございませんでした。過去にこういったケースはございません。3週続けて不的中というのは、まずありえないことなので、次は必ず的中しますので私を信じてください。今一度だけ私を信じてください。」と言われました。そこで、A氏も負けが大きくなると不安が出てきたので、このままではいけないと思い、「もし次のレースが外れれば的中するまで保証としてレースを無料で提供いただきたい。」と申し出ると、「上の者に許可をもらってから返事をする。」とのことでした。そしてその後、保証するという返事を貰いました。
 この時は、伊藤氏から、「次の週のレースの情報はすごく状態がいいので、レベルXとレベルSの2つ挑戦しませんか?この2つで約300万円は固いと思います。」と具体的な金額も言われ、保証レースも約束してもらったこともあり、思い切って2レース分として、1月17日に30万円、1月18日に20万円を振りこみました。
 そして、1月19日、20日と各1レース3点ずつを、1点1万円ずつ購入するも全て不的中で、伊藤氏からの連絡がなくなりました。会社に電話をしても、「伊藤は、現場に行っておりレースが不的中で責任を取って状況を確認しています。東京に戻ったときにはこちらより連絡します。」というばかりで、結局その後何の連絡もなくなりました。
 1ヶ月ほど過ぎても連絡がないので、再度愛馬の会に連絡をすると、その後担当になった中野内が出て、「伊藤は現在、精神状態が悪く会社に来ておりません。情報入手ルートの状態が悪く伊藤はかなり精神状態が良くない。今、A様と会話をすると暴言をはいたりして、非常に危険な状態になります。私が直接話したときもそうでしたから。従って電話番号を教えることはできません。現在、地元の北海道に帰省しています。もう会社復帰は難しいかもしれない。しかし、優秀な部下であり、是非戻ってくれることを信じているのですよ。」との説明を受けました。そこで、A氏が伊藤から保証レースの約束をもらったことを話すと、「確かに伊藤はそのように話したかもしれませんが、それは伊藤が勝手にやったことであり、この条件を継続するわけには行きません。」と言われ、かなり電話先で怒りの抗議をしました。すると、中野内からは、「A様が今まで一度も的中せず、不的中であることはこちらでも履歴を確認しますと、とても気の毒に感じております。私も統括責任者として、今まで負けで終わった方はいらっしゃいません。是非私を信じて欲しい。必ずプラス収支にさせますので。」ととても自信ありげに言われました。そこでA氏もせめて入金した金額だけでも戻ってくればいいと思い、最後の最後という覚悟で中野内氏の言葉を信じてみました。そして、1月31日に50万円を愛馬の会の口座に振込ました。
 そして、2月2日、3日、各1レース3点を、1点1万ずつ購入しましたが、すべて不的中でした。その後保証レースを提供してもらうも一度たりとも的中しませんでした。
 2月9日、10日以降は情報提供もなくなり、電話をすると中野内が、「レベルVは状態が悪く提供を止めました。状態が回復するまで待ってください。」というので、それはどういう意味かと聞くと、「いつも情報を入手するルートがおかしい事になっている。社内で裏で動いている者がいる模様。社内の怪しい者はいないかを含め調査中なので、現状では無償で提供できない。」と言われ、約束を破られたことにかなりの怒りを感じて、長時間話しましたが埒があかず電話を切りました。
 それから3ケ月くらい程して中野内より電話があり、、「以前提供していたレベルVは回復していないので、無償では提供できないのですが、新たな情報ルートが出来ました。5万円の情報料なので一度試しませんか?的中の可能性は高いです。Aさんは、負けが続き負債が多いので取り返しましょう。」という中野内氏の話を改めて信用することにし、3月7日、愛馬の会の口座に5万を振り込みました。
 そして3月9日、1レース3点を、1点1万円ずつ購入するも、またまた不的中でした。
 するとしばらくして、中野内氏より、「かなり情報ルートの状態が良くなっており、この2レースで今までの入金を全部とり返しましょう。A様は今まで一度も的中を経験されていないので、私としても多額の負けをどうにか取り戻したいです。大きなプラスにならなくとも今までのマイナスは今回で必ず取り戻す事を約束しますから。」、「2レース40万のところ3レースなら50万円で良いと、馬主との間で話がつきました。最後に信じて欲しい」というので、A氏も3レースのうち1度は的中するだろうと、5月15日に50万円を振り込みました。すると中野内氏から、「有り難うございました。馬主も50万円とまとまった金額をいただき喜んでいると思います。」と言ってきました。
 さて、A氏は今度こそはと結果を期待し臨み、5月18日、5月25日、6月1日と、ともに1レースずつ各3点を、1点1万円ずつ購入するも、期待も虚しく、結局3レースともに不的中でした。そして、その後は中野内からの連絡が途絶えました。最後のレースでは、「的中したら一度銀座で一緒に飲みたいですね。私は一度Aさんと逢ってみたい。」など言われ、ついつい最後まで信じてしまったことをA氏はとても悔しく感じ、とうとう欺されたと確信しました。  
 伊藤や中野内は、「必ず当たる」「はずすことはない」「絶対に当たる」などの話をしましたが、それは的中率100%という意味と解することができますが、1歩譲って99%としても、不的中率は1%です。この確率で2鞍連続不的中は1万分の1、4鞍連続なら1億分の1の確率です。しかし、A氏は10鞍連続不的中という現実には起こりえないことを経験したわけですから、取得した情報自体が何の根拠もないでたらめなものであることは明らかです。
 以上からも分かるように、伊藤、中野内等がA氏に話したことは何から何まで作り話で、実績と称するものは全て捏造です。このように、何から何までが用意周到に準備して作られた架空の物語を、伊藤、中野内を初めとして関係者が互いに連携しあって、真実であるかのように言葉巧みに語り(文書やホームページも含め)、A氏をして信じ込ませ、多額の金員を支払わせる行為は、まさに組織的な詐欺行為(民法96条、刑法246条)です。     

愛馬のその他の被害相談

・2008. 4.21    70万円詐取  S.氏
・2008. 6.23    95万円詐取  K.氏

・2008. 9. 8    19万円詐取  T.氏
・2008.10.15   314万円詐取  O.氏
・2008.12.10   500万円詐取  O.M.氏
・2009. 2.17    35万円詐取  I.K.氏
・2009. 4.15   260万円詐取  A.H.氏
・2009. 5. 7    43万円詐取  K.M.氏

団体名
愛馬の会 (株)愛馬
電話番号  
所在地
東京都杉並区阿佐谷南二丁目31番19号
代表者 川井勝人 
ホームページ ホームページ 閉鎖
その他  
銀行口座 @三井住友銀行 六本木支店(旧?)
  普通預金 7267878  名義 (株)愛馬
A三井住友銀行 阿佐ケ谷支店
  普通預金 6983682  名義 (株)愛馬
Bジャパンネット銀行本店営業部 普通預金4964749
 (株)愛馬
      

トップページ >  悪質競馬(馬券)情報会社一覧