悪質商法の事例      作成日 09/6/19 更新日 
悪質競馬情報の事例 158

          板倉事務所 > 競馬情報詐欺一覧

悪質業者に欺されて、困ったと思ったら、とにかく誰かに 相 談 しましょう。
〜悪いのは欺した人間です。あなたは悪くありません〜    安心し、冷静になれ、勇気が出ます。
名前が検索できない会社であっても、競馬情報料が数万円でも詐欺の可能性大。何十万円、ましてや
何百万円なら間違いなく詐欺です。

 競馬情報詐欺会社(株)馬券トータルサポート社
         川井勝人
進 行 中
多くの方に、詐欺の手口を紹介し、自分もだまされているということに気づいて頂くために、事例を公表しています。
1、事案の概要  

 2008年11月上旬、探偵ファイルというサイトで紹介されていた(株)馬券トータルサポート社の記事に無料情報提供の記載があったため登録したところ、担当のササキより、「この度は当社へ登録頂きありがとうございます。Aさん、競馬に興味はありますか?現在もし他の情報会社を使っているのであれば当社に任せて頂けませんか?」と連絡が入りました。一旦は断ったものの再度電話が入り、「今週末確実なレースがあります。競馬はギャンブルとお考えでしょうが私達は違うのです。競馬は確実に儲けられる『投資』と捉えています。今までの概念を変えてみせます。一度試してみませんか。当社では色々なコースを用意していますが、初めてなので通常会員8日間の提供で3万円のコースから行きましょう。」と言って来ました。A氏はその程度ならと最初は軽い気持ちで、11月14日、(株)馬券トータルサポート社の口座に3万円を振り込みました(三菱東京UFJ銀行 青山通支店 普通預金0001167 カ)バケントータルサポートシャ)。
 そして11月15日、4点×2レース、11月16日、4点×2レース、計4レースの情報をメールで配信され、指示通り1点1千円、合計1万6千円の馬券を購入した処、的中は2点。回収額は13,500円で、結果は2,500円の損失でした。
 11月18日、ササキより、「今回は申し訳ありませんでした。的中は的中ですけど通常情報ですから、如何せん配当がね。でも当社の力はこんなものではありません。折角のご縁ですから、次はすごい情報を用意します。『競馬は儲かる』ということを是非知って貰いたいのです。今情報を整理中ですからもう少しお時間下さい。」と電話がありました。
 そして数日後、「これから長く当社とお付き合い出来るように、一度纏った金額の儲けを出して、それを元手に安定した成績を残して行って欲しい。私共の夢はこうして会員さんが儲けて行き、ゆくゆくは馬主になり、逆に私共に情報を提供する側になって欲しいのです。今は実感が湧かないでしょうが、当社に付いてきて頂ければこれが現実になります。実際にそうした会員さんを私は何人も知っていますから、Aさんにも是非その一人になって欲しいのです。」と熱意の籠った言葉に惹きつけられ、更に具体的な内容を聞くと、「当社でもトップクラスの『特選鞍』という情報で、誰にでも提供出来る訳ではありません。私はAさんなら大丈夫と確信して提供するので、是非この情報で一度儲けて頂き、当社の情報力を認識して欲しい。情報料は30万円と決して安くないですが、回収見込みは300万円です。」「的中するかって?何を言っているのですか!ここはひとつ、騙されたと思って私に付いて来て下さい!」と熱心に説得され、本気で信じ切ったA氏は、11月19日、30万円を現金で振り込みました。
 1点1万円の投資とササキから言われていたが、確実に的中という言葉を信じ切ったA氏は、11月22日、3連単3点買いに対し1点10万円、計30万円分の馬券を購入しました。的中するとすっかり信じ、最低でも2千万円の払戻しになると思いこんでいたところ、結果は不的中。A氏は目の前が真っ暗になりました。
 週が明けて再びササキより連絡があり、「Aさん申し訳ない。競馬ですからこういうこともあり、また競馬だからこそこれ位はすぐに回収出来るのです。ただ、結果を出さないことには信用しろと言っても無理でしょうし、Aさんのお気持ちは十分承知しております。しかし、ここで落ち込んだら駄目ですよ。必ず取り返してみせます。私を信じて付いて来て下さい。」と言うので、借金までして調達した情報料と馬券代を失い、もうお金は用意できないと答えると、ササキは、「Aさん、弱気なこと言っちゃ駄目です。人生、勝負しなければいけない時があるのです。私だって必死ですし、次に的中出来なかったら、私、会社を辞めてもいいと思っています!」の言葉に勇気づけられ、すがる気持ちで、「これが最後ですよ。」と11月28日、再び特選鞍情報料として30万円を現金で振り込みました。
 ところが11月29日、またしても3連単1点1万円の3点買いは不的中でした。
 週明け、ササキから、「いやー私、本当に悔しいのです。こんな不的中続きは今までに無かったですから。何かに取り付かれているとしか言いようがないです。」と電話があり、A氏は、「これからどうしてくれるのか?もう30万円の情報料は払えませんよ、借金までしているのだから。」と答えると、ササキは、「とんでもない。もうAさんにそこまで用意してくれなんて言えません。だけどね、Aさん。希望だけは捨てないで下さい、必ず取り返せますから。これからは地道にコツコツ、500円とか1,000円からの投資で、まずは勝負出来る体制に戻して行きましょう。ここはひとつ、当社の有料情報から漏れはしましたが有力な情報がありますから、Aさんには特別に提供します。もちろん無料です。」と言ってきました。
 この頃すでに借金の当ても無く少しでも取り返したい気持ちでいたA氏はササキの言葉を信じるしか無く、「ササキさん本当にお願いしますよ、あなたを信用していますからね、助けて下さいよ。」と平身低頭して縋るしかない心境でした。
 その後何レースかの情報を無料提供されたものの全て不的中でしたが、その間もササキからは毎週連絡が来てA氏を勇気付けるかのような話をするので、大損をしていたA氏はササキを信用するというより、今度こそ当てなければと、後に引けない心境にまで追い詰められていました。
 数週間後ササキから、今度の厳選鞍という情報は3万円だが、的中率は間違い無いものをやっとご案内出来ることになったと連絡がありました。しかし、余力がなく、払えないと答えると、ササキは「信じて下さい。」の一点張りだったので、仕方が無く、12月19日、3万円を現金で振り込みました。
 しかし、12月21日の情報は、馬連1点1千円の3点買いをするも不的中でした。
 あまりに不的中に、欺されているのではと疑ったA氏はインターネットで調べた結果、(株)馬券トータルサポート社が悪徳会社であるかもしれないと思いつつも、ここまでササキを信じて多額の借金までし大金を投じたことで判断能力が麻痺したのか、すぐには納得できず、完全に諦めることが出来ませんでした。
 その後ササキには、「ササキさん、ネット上では御社が悪質だという情報が出ていますけど、大丈夫ですよね?」と言ってみたものの、ササキから、「何を言っているのですか、そんなの当社を陥れるための嫌がらせに過ぎないですよ、どうしたのですかAさん、私とAさんの間柄ですよ、そんな情報に惑わされないで下さい。」と諭され、結局、ササキの誘いに乗り厳選鞍情報を購入することにし、2月27日、3万円を振り込みました。
 しかし、提供された情報は3月1日、3連複1千円で3点買い、計3千円の投資をしたもののこれまた不的中でした。
 A氏はここまで来てやっと騙されていたという事実を自分自身で認め、(株)馬券トータルサポート社への返還要求へ行動を移すことに決めました。   
 (株)馬券トータルサポート社のササキは、情報料30万円を払えば確実に300万円の配当があるかのような言動をしましたが、A氏が30万円もの大金を馬券購入費にあてたことからも、A氏がすっかりササキの言葉を信じてしまったことがわかります。しかし、競馬で確実に当たるなどということはあり得ず、そのようなあり得ないことをあると断言し、まことしやかに話をしたこと自体、A氏を欺く行為に他なりません。そして、本来はあり得ないことでも、人を欺すことに慣れた(株)馬券トータルサポート社の社員が言葉巧みに、熱心に、くり返し語ることで、「もしかしたらあるのかもしれない」、そして、「きっとあるに違いない」と信じてしまうのは、多くの人にありがちな共通の心理ですから、ササキの欺く行為と、A氏の信じたという結果には相当因果関係がみられます。
 また、ササキが、「次に的中出来なかったら、私、会社を辞めてもいいと思っています!」という言動も、必ず当たるといっているのと同じであり、A氏を欺くものです。
 そして、(株)馬券トータルサポート社の情報は最初の30万円の振り込み以降は全て不的中でしたが、そのことからも(株)馬券トータルサポート社の情報が何の根拠もないでたらめなものであることが分かります。
 このように、何から何まで用意周到に準備して作られた作り話を、ササキ及び(株)馬券トータルサポート社の社員が共同して、真実であるかのように言葉巧みに語り(メールも含む)、A氏をして信じ込ませ多額の金員を支払わせた行為は、まさに組織的な詐欺行為(民法96条、刑法246条)です。
団体名
(株)馬券トータルサポート社
電話番号 03−5338−6966 
所在地
〒107−0051 東京都港区元赤坂一丁目4番1号
(ホームページには以下の様に書かれています)
〒160−0022
東京都新宿区新宿1−15−8  ANビル6F
道山 寿
メールアドレスの記載はない
代表者 代表取締役 川井勝人 
ホームページ ホームページ
その他  
銀行口座 ●三菱東京UFJ銀行 青山通支店
  普通預金0001167 カ)バケントータルサポートシャ
●三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 カ)バケントータルサポートシャ