作成日 2016/1/29  更新日 2016/12/07 
競馬情報詐欺に端を発した
 2つの懲戒請求事件
   
 板倉事務所トップページ > 競馬情報詐欺一覧   資料室    詐欺師同様の探偵社・非営利団体  2次被害
私(板倉)が、東京弁護士会に起こした、

長谷川純弁護士懲戒請求手続

弁護士職務基本規程第14条違反(詐欺的取引の助長)等を根拠に懲戒請求をしました。
 長谷川純弁護士が増山記透グループを擁護するのを止めさせ、同時に増山記透グループを解散に追い込む目的で、その大黒柱である長谷川純弁護士の懲戒請求を起こしました。

  懲戒請求書が受理されるとまず綱紀委員会で審査され、その結果、懲戒委員会で審査するのが相当と判断された場合に初めて懲戒委員会で審査されるそうです。受理されてから6ヶ月以内に何らかの結論が出ない場合は、日弁連に異議申立ができるようですが、長谷川弁護士は半年ぎりぎりになってやっと準備書面(1)と陳述書を出して来ました。それに対して、私は申述書(3)で反論しました。
 これが最近の状況です。2016/2/24
 懲戒請求を申し立ててからまもなく1年4ヶ月が経とうとしていますが、東京弁護士会綱紀委員会からは全く連絡がありません。2016/12/07
 なお、平成28年12月現在も、日刊スポーツなどの有名スポーツ新聞に全面広告を載せて会員を募っています。広告は詐欺の道具です。
 手 続 概 要
   東京弁護士会に申し立てた長谷川純弁護士の懲戒請求の進捗状況について

@板倉直壽(懲戒請求者)
下記文書を東京弁護士会に提出
懲戒請求書   平成27年8月19日付
証拠 甲第1号証

懲戒請求日は平成27年8月19日
調査命令日は平成27年8月20日

A長谷川純弁護士(被調査人)
下記文書提出 
答弁書     平成27年9月9日付
証拠説明書  平成27年9月9日付
証拠 乙第1号証〜乙第2号証

B板倉直壽(懲戒請求者)
下記文書提出
申述書(1) (54ページ) 平成27年10月31日付
証拠説明書(1)       平成27年10月31日付 
証拠 甲第2号証〜甲第17号証

C板倉直壽(懲戒請求者)
下記文書提出
申述書(2) (3ページ) 平成27年12月17日付 
証拠説明書(2)     平成27年12月17日付
証拠 甲第18号証

D長谷川純弁護士(被調査人)
下記文書提出
準備書面(1) 平成28年2月8日付
陳述書 (準備書面(1)とほとんど同じ) 平成28年2月5日付

E板倉直壽(懲戒請求者)
申述書(3) (16ページ) 平成28年2月22日付
証拠説明書(3)       平成28年2月19日付
証拠 甲第19号証〜甲第20号証

※平成28年12月7日現在、懲戒請求からおよそ1年4ヶ月、最後の文書提出から、10ヶ月が過ぎましたが、綱紀委員会からは何の連絡もありません。だいぶ前に綱紀委員会に対して、進捗状況や結論が出る時期について教えて欲しいと文書で申し出たところ、一切教えることはできない、との返事が文書で届きました。
 板倉が提出した懲戒請求書、申述書、書証
●初回 (平成27年8月19日提出)
T 懲戒請求書 (懲戒請求の意思表示と、その理由を簡単に述べる)
U 証拠
  甲第1号証 増山記透・長谷川純グループ=日本情報機構(ビッグウイン) 18ページ
         (↑ 板倉事務所のホームページにまとめているものを印字して提出)

●2回目 (平成27年10月31日提出)
T 申述書(1) (54ページ) (懲戒請求の理由を詳しく述べる)
U 証拠
  証拠説明書(1) 
1 増山記透グループの説明、詐欺集団であることの説明
 甲第2号証  事例1(被害者の証言)
 甲第3号証  事例2(被害者の証言)
 甲第3号証の2  事例3(被害者の証言)
 甲第4号証   朝日放送の番組を録画したDVD(競馬情報詐欺の実態)
       ※同じものを下記Youtubeで見ることができる。
       You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 前編 14分52秒 
         You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 後編 6分8秒 

 甲第5号証   パンフレット(カラー)(役員の顔写真は無関係の人物のもの。全て捏造)
 甲第6号証   詐欺師からの手紙 (このような手紙が50〜1000通も速達で届く) 
 甲第7号証   増山記透グループ会社役員関連表(旧(株)ビッグウインの役員は今も現役)
 甲第8号証   料金収納代行会社の書面(外部の組織を装う)
 甲第9号証   利用規約 (もともと肉眼では読めないほど字が小さい)
 甲第10号証  増山記透グループの主たる会社の従業員数及び売上高
           増山記透グループ各社人材募集の広告写し
           (※広告は下方にある各社の記事の中にも載せています)
 甲第11号証  詐欺の道具としての、増山記透・長谷川純グループ銀行口座一覧 
 甲第12号証  主たる会社の登記簿、他(増山記透グループ)

 2 長谷川純弁護士と増山記透グループの関わり、その違法性を説明
 3 懲戒請求に至った理由
  甲第13号証  長谷川純弁護士の被害者に対する回答 1
  甲第14号証  長谷川純弁護士の被害者に対する回答 2
  甲第15号証  ホームページの記事削除要求書(虚偽の事実で圧力をかける)
  甲第16号証  ファクトワン系裁判の判決書(板倉事務所の記事に違法性はないという判決)
            上記判決書の中の、ファクトワン系役員・所在地表  
  甲第17号証  増山記透が記事の削除と、板倉との面会を求めて来た文書の写し

●3回目 (平成27年12月17日提出)
1 申述書(2) (3ページ) (懲戒請求の理由を補足する)
2 証拠
  証拠説明書(2)
  甲第18号証

●4回目 (平成28年2月22日提出)
1 申述書(3) (16ページ)   (長谷川純弁護士の準備書面(1)に対する反論)
2 証拠
  証拠説明書(3)
  甲第19号証
  甲第20号証  ※平成28年1月14日に、千葉県警が競馬情報詐欺会社を摘発し、13人を逮捕したという報道の写し。

●5回目 平成29年5月26日
  最後の文書のやり取りから1年3ヶ月以上にわたり、全く連絡がないので、その理由を問い合わせる文書を東京弁護士会に送付する。
長谷川純弁護士が提出した答弁書、書証
●初回 (平成27年9月9日提出)
  答弁書 (板倉の懲戒請求書に対する反論)
  証拠説明書 
  乙第1号証 静岡県知事に提出した懲戒請求書の写し
  乙第2号証 104件の事案リスト
●2回目 (平成28年2月8日提出)
  準備書面(1) (板倉の申述書(1)(2)に対する反論。陳述書を元に代理人が作成)
  陳述書     (本人が作成した書面。準備書面(1)とほとんど同じ)  
東京弁護士会綱紀委員会から届いた文書 
ご連絡      平成27年8月20日
調査開始通知 平成27年8月26日
貴殿からのお尋ねについて(ご連絡) 平成28年2月26日
 この中で、進捗状況やいつ結論が出るかは一切言えないと述べられていた。
朝日放送(関西のテレビ局)の競馬情報詐欺特集 
何年も前のものですが今でも参考になるので載せてみました。
ビデオに出てくるB社は増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)のことです。
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 前編 14分52秒 
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 後編 6分8秒  2013/04/17