板倉事務所トップページ
全国対応
  
 内容証明+配達証明
 板倉行政書士事務所 
 〒421-0411 
 静岡県牧之原市坂口2142番地1
 (旧事務所 東京都中央区銀座
         3丁目12-12  福原ビル4F)
 TEL 0548-29-0961 FAX 050-3795-7301
 代表 行政書士 板倉直壽
 

内容証明付郵便送付の代行を致します。通常は行政書士が代理人になって送付致します。
内容証明郵便とは











1、内容証明付郵便とは、郵便局がその「手紙の内容」「受理した日付」を証明してくれる郵便物のことをいいます。
 具体的には送付する文書の末尾に、「この郵便物は、○年○月○日 第○○号書留内容証明郵便物として差し出したことを証明します。 ○○郵便局長」というように、証明文言がつけられます。
 これにより、
いつ、誰が、誰に対して、どういう内容の文書を郵送したかが証明される仕組みになっています。
 文書を確かに送ったかどうかや、その内容が争いになった場合、内容証明付郵便があれば証明に役立ちます。
2、なお、通常はこれに「配達証明」(説明は次の項目)を付けます。
3、内容証明付郵便を出す方法は、直接郵便局(通常は、市町村の中央郵便局しか受け付けていません)へ出向く方法と、インターネットを通じて出す方法(これも日本郵便が行っています)があり、板倉事務所はインターネットを使っていますので、素早く対応することができます。
配達証明とは

○年○月○日配達したのでこれを証明します」という内容の葉書(郵便物配達証明書)が集配局の郵便局から届きます。これで、郵便物が確かに相手に届いたという証明になります。
クーリング・オフと内容証明郵便

クーリング・オフは、一定の取引に認められているもので、一定の期間内に、一方的に契約を解約することができる制度です。通常、解約には合理的な理由が必要ですが、クーリング・オフの場合、理由は必要ありません。
 そして解約の意思表示は文書でする必要がありますが、内容証明付郵便を使うのがもっとも間違いのない方法です。相手に受領された以上、相手がその事実を否定することができないからです。また、仮に期限内に届かなくても、期限内に投函(郵便局の受付)されていれば有効です。
とりあえず、内容証明付郵便で解約の意思表示をしてみる クーリング・オフができる取引なのかどうか良くわからない、期限が過ぎたのかどうかよくわからないという場合でも、解約したければ、とりあえず「解約の意思表示」を「内容証明付郵便」で出してみるといいでしょう。 期間が短いのでぐずぐずしていると遅れる場合がありますから。
相手方が善良な場合と悪質な場合  多くの場合、相手は善良な人(会社)でしょうから、 「解約の意思表示」を「内容証明付郵便」で出せば、それであとは問題なく処理されると思われます。
善良な相手 「解約の意思表示」を「内容証明付郵便」で出せば、それであとは問題なく処理されると思われます。 
悪質な相手  ただ、世の中には悪質な人(会社)もありますから、素直に応じてくれない場合もあるでしょう。その場合は、「単なる解約の意思表示」ではなく、もっと強い口調で返金を請求することになります。 
料金
(内容証明、代金返還・損害賠償請求関係)


1、クーリングオフは、本来簡単に行われるべきものという考えに立ち、他の内容証明作成とは区別して、かなり低額にしております。

2、クーリング・オフの期限が過ぎていたり、悪質な相手でクーリング・オフを認めようとしなかったり、その他、代金の返金・損害賠償の請求をする場合は、文書の作成も複雑になります(事実関係の確認と整理、法律構成等に時間がかかります)ので、クーリング・オフとは別料金になります。

3、通常はご依頼者と行政書士の連名で出しておりますが、ご依頼者名義だけで出すことももちろん可能です。
 作成日 97/12  更新日 2014/11/1