板倉事務所トップページ
        相続手続
1 相続手続概要 
2 推定相続人/法定相続人/遺留分権利者 
3 遺言書(ゆいごん書・いごん書)作成 
4 相続人調査 
5 遺産分割協議書の作成 
6 手続費用
 板倉行政書士事務所 
 〒421-0411
 静岡県牧之原市坂口2142番地1
 (旧事務所 東京都中央区銀座
         3丁目12-12  福原ビル4F)
 TEL 0548-29-0961 FAX 050-3795-7301
 代表 行政書士 板倉直壽
 
 
2、推定相続人/法定相続人/遺留分権利者 
 
1、推定相続人は誰か?
 
民法により相続人の地位を与えられている者を法定の相続人といいます。配偶者、子、尊属(父・母・祖父・祖母)、兄弟姉妹がそれです。それ以外にはいません。また、法定の相続人のうち、最優先順位にある者、つまり実際に相続権がある人を推定相続人といいます。相続が開始すると、一体だれが推定相続人なのかを調べ明らかにしなければなりません。たとえ法定の相続人でも、実際には相続権がない人がいるわけです。

推定相続人になるのは、被相続人からみて次の人たちです。優先順位順に上げています。@〜Oのどれか1つが成り立ちます。

1、配偶者(夫または妻)がいる場合
@配偶者が生存していれば、配偶者は必ず推定相続人になります。
A配偶者+子 (このとき、他の者は相続人にはなりません)
B配偶者+子の子(孫)(代襲相続の場合です)
  ※代襲相続とは、相続が開始する前に、本来の推定相続人が、死亡したり、欠格事由があったり、
   廃除されたりして相続できない場合、その子が相続するものです。
C配偶者+子の子(孫)の子(ひ孫)(代襲相続が2代続く場合です)
D配偶者+父・母 (子がいない場合です。他の者は推定相続人にはなりません)
E配偶者+祖父・祖母 (子がいない場合で、父・母もいない場合です。)
F配偶者+兄弟姉妹
G配偶者+兄弟姉妹の子(代襲相続です)
H配偶者+兄弟姉妹の子の子(代襲相続が2代続く場合です)
I配偶者のみ (他に法定の相続人がいない場合です)

2、配偶者がいない場合
H子 (配偶者がいない場合です。このとき、他の者は推定相続人にはなれません)
I子の子(孫) (代襲相続の場合です)
J子の子(孫)の子(ひ孫)(代襲相続が2代続く場合です)
K父・母 (子がいない場合です。他の者は推定相続人にはなりません)
L祖父・祖母
M兄弟姉妹
N兄弟姉妹の子(代襲相続です)
O兄弟姉妹の子の子(代襲相続が2代続く場合です)

2、法定相続分は?
被相続人は遺留分を犯さない限り、自由に財産を処分することができます(遺言自由の原則)が、被相続人がその意思を明確にしない場合は、法定相続分の規定が適用されます。もっとも、この割合は相続人の話し合いで変更することができます。 
組み合わせ   
1、配偶者+子 2分の1 : 2分の1
2、配偶者+直系尊属(父・母) 3分の2 : 3分の1
2-2、配偶者+直系尊属(祖父・祖母) 3分の2 : 3分の1
3、配偶者+兄弟姉妹 4分の3 : 4分の1
4、子、尊属、兄弟姉妹が2名以上の場合
各自等分する
5、 嫡出子と非嫡出子   2  :  1
6、 被相続人と両親を同じくする兄弟姉妹と片親だけが同じ兄弟姉妹
  2  :  1

3、遺留分(遺留分権利者)と割合
 
@遺留分は、配偶者、尊属、子の三者にある。兄弟姉妹にはない。
A直系尊属のみの場合 被相続人の財産の3分の1
B配偶者のみ 被相続人の財産の2分の1
C子のみ 被相続人の財産の2分の1
D配偶者+子 被相続人の財産の2分の1
E配偶者+直系尊属 被相続人の財産の2分の1