静岡県行政書士会会員(前・東京都行政書士会会員)             板倉事務所トップページ
 板倉行政書士事務所  
           

少し若い頃の写真です

 プロフィール

 板倉行政書士事務所
 〒421-0411 静岡県牧之原市坂口2142番地1
 TEL 0548-29-0961  FAX 050-3404-0901

 (前所在地 東京都中央区銀座3丁目12-12 福原ビル4F)
 代表 行政書士 板倉直壽
 


●行政書士会への私の登録内容は下記で検索できます。
   日本行政書士会連合会/会員検索システム

備忘録

行政書士 板 倉 直 壽 (いたくらなおひさ)

●1951年静岡県静岡市(旧清水市)生まれ
静岡市立 清水浜田小学校(旧清水市立浜田小学校)卒   ☆「校歌」
  静岡市立 城内中学校卒    ☆「校歌」
  静岡県立 静岡高等学校卒  
  慶応義塾大学経済学部卒
●仕事以外で印象的なできごと
 ○1975年3月1日〜28日 インド・タイ・香港を旅行
 ○1975年8月 15日間、韓国旅行
 ○1976年6月11日〜1977年9月20日 1年3か月間の世界放浪の旅
  インド、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ、ギリシャ、イタリア、チュニジア、リビア
  エジプト、スーダン、ケニア、イギリスなど
 2011.7.9 南スーダン共和国が独立しました。首都はジュバに決まりましたが、1977年3月頃、旅行の途中ジュバでしばらく過ごしたこと、そして旅行に一区切り付けようと決心したことを思い出します。
 ○2004年3月21日 東京・荒川市民(板橋city)マラソンで初フルマラソン体験(52歳)。 ゴールの写真 
 ○2010年6月19日 たった1人での、山の手線一周(約45〜46km)完走歩(4回目)。
 ○2013年8月 富士登山(15回目) ▼富士山頂の気象(気象庁公式ページ) ▼富士登山のススメ
 ○2016年3月20日 フルマラソン17回目完走(64歳)(板橋city7回、伊豆大島6回、しまだ大井川3回、他1回)
●法律と聖書を学ぶ(独学)
●行政書士履歴
  1993年5月1日〜 日本行政書士会連合会登録、神奈川県行政書士会会員
  1995年2月1日〜 東京都行政書士会会員(中央区銀座4丁目で開業)
  1998年2月1日〜 中央区銀座3丁目へ移転
  2014年1月1日〜 静岡県行政書士会会員(牧之原市へ移転)

●資格 行政書士、法務省入国管理局申請取次行政書士(法務大臣承認)
●その他の所属団体
 (社)アムネスティ・インターナショナル日本支部社員会員 
1989年〜
 (財)自由人権協会(JCLU)会員 
1995年〜
 東京大空襲・戦災資料センター 維持会員
 ペシャワール会(中村哲医師の活動を支える会) 維持会員 
2007年〜
●著書(共著)
「日本で暮らす外国人の子供たち」 

〜仕事を離れて〜

〜板倉直壽 作品集 「メロディと詞の個展」〜  
〜背くらべ/おもちゃのマーチの海野厚作品集〜
〜 プロテスタント系の midi&詞 聖歌・賛美歌 〜



アムネスティ・インターナショナル UA(緊急行動)シート
平   和
富士登山のススメ
健康作りのススメ
リンク集 2

事務所の温暖化対策(省エネ)

●冬/エアコン(暖房)は、朝・夜のみ、あるいは天気が悪い日にのみ使う。設定温度は16〜18度。座席を窓際に置き、昼間は太陽光を受けて暖まる。小さな電気マットをイスの上に置き、下半身を温める。膝掛けを常用する。
●夏/できるだけ窓を開けて風を通し、小型扇風機を使用。エアコン(冷房)は、真夏の設定温度は30〜31度。
●照明/窓際に机を置いているため、昼間はほとんど電気をつけません。来客があるとつける程度です。
●元々が倹約主義者で、もったいない精神旺盛ではありますが、けちくさいと思われないかと気にする面がありました。しかし、昨今は国際社会を挙げて省エネに向かっているので、気兼ねなくできるようになり、自分の時代が来た?と思っている今日この頃です。
●2011.3.11の東日本大震災を境に節電が義務化されました。その節電の程度は、節電家?の自由な節電を凌ぐほどの厳しいものがあるように思います。経済活動や個人の健康に悪い影響が出ないことを祈ります。2011/07/11
●一時は日が暮れると薄暗かった銀座の街もいつのまにかすっかり元どおりになり、2012年秋には安倍内閣が誕生して明るい気分になってきました。しかし、被災地の皆さんの中には、まだまだ春を感じられない方も多いでしょう。被災地の情報を聞きたくないのは自分の無力感を感じるからだと思います。2014/3/3

福原ビル
 前
 事
 務
 所

 福
 原
, ビ
 ル
 全
 景
 平成25年12月31日まで事務所を置いていた福原ビルの全景です。戦後間もない頃に立てられたものと思われますが、この界隈では最初のビルだそうです。木造家屋の街並みの中に、1つぽつんと建ったビルは、当時としてはきっと目立つハイカラな建物だったことでしょう。
/今では目立たない小さなビルですが、7、8年前に焦げ茶色だった外壁をベージュ色に塗り直し、少し綺麗になりました。水道管、水道ポンプも新しくなり、新鮮な水が直接部屋に届くようになりました。古くて家賃が安いからこそ入居を継続していられるのですが、最新のビルよりも、自分が子どもの頃からある建物の方が、親しみを感じます。
/板倉事務所は4階の左側の部屋にありました(簾が下がっています)が、窓が広く、日当たりもよく、外の街の様子がよく見え、なかなか快適でした。
/そのビルも近々解体されることになり、オーナーから立ち退きを打診されたので、受け入れて、これを機に静岡に移転することに致しました。2014/01/02、
   
 体
 さ
 れ
 

 福
 原
 ビ
 ル
 平成26年5月2日、用事で東京に出掛けた時に写した写真です。全ての借家人が立ち退きに同意し退去した模様で、解体工事に入っていました。私のいた4階部分が見えないので、すでにビルは解体された模様です。この界隈で最も古いと聞いたビルがとうとう消えてしまいました。私も寂しいですが、2代続けてこのビルで歯科医をしておられたオーナーはもっともっと寂しかったのではないかと推察します。
 福原ビルの両隣のビルの跡地と合わせて、近い将来、より大きな新しいビルが建ち、何事もなかったかのように街の風景に溶け込んでいくのでしょう。
 ちなみに写真に写る軽トラは私の愛車です。静岡に移転してから3度上京しましたが、いつもこの軽トラでドライブを楽しみながら東京にやってきました。東京にいるときは自分で運転することはありませんでしたが、東京を離れた今、都内を運転していることがとても不思議に思えました。
   
 体
 さ
 れ
 

 福
 原
 ビ
 ル
平成26年11月15日、今年4回目の上京で、久しぶりに福原ビルを見ることができました。ビルの姿はもうなく、解体作業はほぼ終了した模様ですが、まだ新築工事には入っていないようでした。このビルには17年間御世話になりました。幌のついた軽トラは私の愛車。前の日には甥の板倉光隆の公演を見て、この日は50年ぶりの出場という、母校静岡高校の高校野球神宮大会の応援に行きました。
    平成28年3月20日現在
新ビル建設中 地上13階、地下1階の予定
共同住宅とある。

 
作成日 1997/12  更新日 2016/3/22