悪質商法の事例               作成日 10/05/06 更新日 2014/11/1
悪質競馬情報の事例 
   板倉事務所
   

トップページ >  悪質競馬(馬券)情報会社一覧   資料室
悪質業者に欺されて、困ったと思ったら、とにかく誰かに 相 談 しましょう。
〜悪いのは欺した人間です。あなたは悪くありません〜    安心し、冷静になれ、勇気が出ます。
名前が検索できない会社であっても、競馬情報料が数万円でも詐欺の可能性大。何十万円、ましてや
何百万円なら間違いなく詐欺です。

詐欺師同様の探偵社
詐欺師同様のNPO・一般社団法人・ボランティア団体
いわゆる二次被害をださないために
従来、「いかがわしい探偵社」としていましたが、二次被害が多数出ていますので、
「詐欺師同様の探偵社」と改めることに致しました。
 2013/01/05
いかがわしい探偵社等は、あなたの損害を回復させてあげようなどとは考えていません。詐欺会社が欺し取ることを目的としているように、いかがわしい探偵社等も、あなたの無知につけこんで、だまし取ることしか考えていないのです。このような探偵社等はいろいろな詐欺行為を経験してきた者達によって構成されていると言ってよいでしょう。2014/8/29
詐欺師同様の探偵社についてよく聞くのは、
会社の登記をとり(取れない場合もあります)、
調査したところ、そこには事務所が存在しなかったと報告するだけで、
数十万円の調査費(よく聞くのは被害額の1割)を最初に支払わせるというものです。
しかし、会社の登記は、誰でも、法務局へ行けば600円程度で取得することができるものです。
また、確かに会社の登記をとるのは損害賠償請求の基本ですが、難しいのはその先であって、その先のことをしないのでは全く意味がないのです。
 本当に被害者の為を思い、探偵社としてできうる範囲で、様々に労苦して被害金を取り返すという話なら、私はそれを非難するつもりはありません。被害者の方は皆困っているからです。しかし、詐欺師同様の探偵社は、単にだまし取ることしか考えていないので、ここに載せている次第です。2013/09/27
探偵社等のホームページは月日を重ねるごとに立派で魅力的なものになっています。
いかがわしい探偵社等は下記のものだけではありません。ホームページを見ただけで、「おかしい」と感じる直感力が大事です。
情報提供が目的ではなく、ひたすら被害者を寄せ集めようとするもの
詐欺会社の名前で検索すると、探偵社のホームページやブログがヒットするようになっています。探偵社のホームページ等は詐欺会社ごとのページを作っています。その目的は詐欺被害者の方々を寄せ集めるところにあります。いかがわしい探偵社のページにはほとんど情報が載っていません。詐欺会社のホームページ等から引用した会社概要が載っている程度です。つまりこれは先に述べたように、詐欺会社名で検索した人を引き寄せるのが目的で、情報を提供する意図がないことを示しています。このことを指摘すると、「具体的な情報を載せると名誉毀損になるから」などと、わざわざ言い訳を載せるいかがわしいページが出てきました。 2012/10/26 
調査を依頼した「探偵」が、
実は、競馬情報詐欺で逮捕されていた!!!


●探偵社の社員は、競馬情報詐欺で逮捕されていた 
      毎日放送特命調査班の報告 毎日放送のホームページより


ミリオンドリーム」(社台物語グループの会社の1つ)という競馬情報詐欺会社に騙された方が、ネットで見つけた探偵社を訪ねると、代表の「三浦信太郎」が出てきた。そこで仕事を依頼したが、1年たっても回答がない。その後、三浦は、2011年9月に競馬情報詐欺で逮捕されていたことがわかった、というものです。

 いかがわしい探偵社と競馬情報詐欺会社が同一のものであることが、部分的であるとはいえ、ここに明らかになりました。2012/04/20
非営利の意味(営利と非営利の区分) 

営利企業と非営利企業の区分は、企業(会社・社団など)への出資者(株主・社員・組合員など)に利益を分配するかしないかで決まります。株式会社は株主に利益を分配しますから営利企業ですが、一般社団法人・NPO法人などは利益を分配しないので非営利企業(団体)と呼ばれます。しかし、そこで働く人たちには賃金や報酬を支払いますし、家賃・地代・ガス光熱費、さらには事務経費など様々な費用がかかりますから、それらの費用は利用者からいろいろな名目で徴収します。つまり、無料ではないのです。
 私が特定の団体を、怪しい社団・NPO・ボランティア団体と指摘しているのは、何もかも「無料」とうたっているからです。無料では団体の運営は不可能です。仮にだれかが私財をなげうって運営しているのであれば、その方の名前、また、企業の支援があるというなら企業名を公表して下さい。それがない以上、やはり怪しい団体なのです。2011/08/10
1、詐欺同様の探偵社
2、詐欺同様のNPO
3、詐欺同様の一般社団法人(公益法人)
4、詐欺同様のボランティア・市民団体
 
5、詐欺同様の掲示板
6、競馬情報詐欺会社 (株)ビッグウイン系の自作自演の窓口
探偵社がしていることはせいぜい会社の登記をとり(取れない場合もあります)、現地を見て、事務所がありませんでしたと報告する程度です。そして、場合によってはそのあと弁護士を紹介するようです。
 登記はインターネットを使えば400円程度で取れますし、都内で現地を見にいく場合数時間あれば十分でしょう。5千円から1万円程度の仕事だと思われますが、通常、被害額の1割程度の金額を調査料としてとるようです。被害額が300万円なら30万円。
 登記をとること自体は基本的行為ですから、それ自体問題はありませんが、何か特別な調査をするかのように思わせて、なんでもないことで数十万円も取ることがおかしいのです。そのような目にあった人は、詐欺会社と同様、返金請求するべきでしょう。
2013/09/10
1、詐欺師同様の探偵社等 (いわゆる二次被害をださないために)
 探偵社の仕事は調査が中心で、その範囲は多岐に渡ります。しかし、次のような探偵社は少し気になります。

1、ウェブサイトをよく見ると、話のほとんどは詐欺被害に関するもので、しかも被害救済をうたっている。なお、今では浮気調査などの一般的事項を掲げてカモフラージュしているものが多い。
(1)詐欺被害金の取り返しは探偵社の仕事ではない。仮に付属的に調査をするとしても、それは非常に少ないと思われる。
(2)弁護士等に相談し、その上で何らかの調査が必要とされる場合はありうるが、探偵社が先というのは順序が違う。
(3)探偵社に先に相談があった場合、ほとんどの場合、調査は必要ないと思われる。そこでいちいち相談者に弁護士をボランティアで紹介していたら大変なことであり、不自然である。これらの探偵社にそのような深い親切心があるとは思われない。
 なお、探偵社から弁護士等に仕事を紹介したり、弁護士等が探偵社から仕事を仲介してもらうことは禁止されている。
2、詐欺被害で調査は必要ない。
 まれなケースを除けば、相手(詐欺会社・詐欺師)の実際の居所を突き止める必要はない。文書が届けばいいのだし(実際、多くの競馬情報詐欺会社は文書が届く)、話し合いをすることで通常は和解する。その場合、探偵社が出る余地はない。
 また、郵便が届かない、電話もつながらない(当然ながら返金する意思がない)相手の居所をつきとめたところで、そこに乗り込んで、「さあ返せ」というやり方は通常はとらない。弁護士もそういうことはしない。それをする人がいるとしたら、裏社会の関係者の可能性がある。従って、居場所を突き止めるということは通常はしない。
 また、突き止めた隠れ家に文書を送っても、相手がそれを受け取ることはないと思われる。
 なお、弁護士が相手の電話番号や部屋番号から本当の契約者を調べたりすることはあるが、これは弁護士自身が行うのであり、探偵社は使わないと思われる。
3、住所が不十分
 ビル名・部屋番号の表示のないもの、中には○丁目○番○号のうち、○丁目や○番までしか表示していないものもある。これでは探偵社とトラブルがあった場合、郵便が届かないということになりかねない。
 ※何故部屋番号まで書かないのかと尋ねると、「危ないから」という答が返ってくることがある。しかし、通常、探偵社は部屋番号まで書いているし、弁護士もそうである。もし危ないというのなら、他の探偵社も弁護士も同じはずである。私の知る弁護士はオーム事件で反オームの立場で活動し、身に危険が及ぶのを警戒していたが、だからといって事務所の所在を隠したりはしていない(弁護士は事務所を弁護士会に登録し、且つ情報はインターネット上で公開されている)。
とすれば、何か他に理由があると言わざるを得ない。たとえば、持ち主の承諾なしに部屋を又借りしていているような場合、部屋番号を曖昧にしたいかもしれない。この場合、看板や表札も出せない。このような探偵社が日本一の探偵社だろうか。
  なお、すでにウェブサイトを閉鎖した
日本救済センター、SPL法律探偵事務所、コードリサーチ(code research)、スピード救済センターも、ウェブサイトの内容は同様でしたし、多くは看板・表札も出していませんでした。これらと入れ替わるように新たな探偵社(のウェブサイト)が出現しています。

※できれば看板・表札があるかどうかを確認し、ないものは「ない」という事実を本ウェブサイト上で公表して行きたいと考えています。 2011/05/30

※これらの探偵社の中には余計なことに、相談者に対して、競馬情報詐欺は板倉事務所に相談したらどうかと勧めるところがあるようです。しかし、このような対応は迷惑であり、自分たちがいかがわしい探偵社であることをカモフラージュするものですから、なおさら名前を消すわけにはいかなくなります。2011/06/21
※いかがわしい探偵社は、相手の会社の所在地を突き止めないとお金を取り返せないと勘違いしている人の勘違いに便乗して、調査名目でお金を取っています。

※気になる探偵社は、名前を変え、手を変え、品を変え、現れています。
(何故気になるかの理由を全て書き出しているわけではありません。書けば、表面的に修正されてしまう場合があるからです)
 私が前から指摘していた、いかがわしい探偵社すなわち、○○法律探偵事務所、○○救済センター等のうち、 日本救済センター、SPL法律探偵事務所、コードリサーチ(code research)がウェブサイトを閉鎖していることに気がつきました。この3社は関連性があることがわかっていましたが、これらで被害を受けた方の依頼が特になかったので、しばらく忘れていました。しかし、こういう事態に至ったことからも、これらの関係者自身が「反社会的勢力」だったことが窺えます。私の記憶では、これらの探偵社も「社台物語グループ」も、同じころに表に出てきたような気がしますが、何か関連性を感じます。2011/05/19 
 (重複しますが)
 探偵社が全て悪いといっているのでは、もちろんありません。
 しかし、あるとき、ホームページを見たときに「これはおかしい」と気がついた探偵社が3、4社ありました。そこで、現地を見に行くと、看板・表札がなかったので、「気になる探偵社」として、名前を公表しました。すると、さっそく文句が来ましたが、そのホームページのほとんどは、まもなく「閉鎖」されました。
 ところがそれでは終わらず、その後も、入れ替わり立ち替わり、よく似たホームページが、探偵社・NPO・一般社団法人・ボランティア団体等の名前で次々に出現しました。内容を見ると進化していて、さらに魅力的な内容になっていますが、これらのホームページには「いかがわしいと感じる共通点」があります。
 初めは、何故おかしいのか、その理由を書いたことがありましたが、そうすると、表面だけ書き直されてしまいますので止めました。私の判断と責任で、おかしいものはおかしいとして、公表することにしました。その都度、「何故こんな事をするのか、営業妨害じゃないか」と抗議の電話がありましたが、ここはしっかりと対峙するしかありません。
 なお、○○探偵社に相談したら、30万円とられた、17万円取られた、しかし結局役に立つ情報はなかったという話も時々入ります。
 浮気調査や素性調査なら調査するだけでいいのですが、「詐欺」となるとそう簡単ではありません。
 いかがわしい探偵社やNPO等のホームページは一様に、「お金は取り戻せる」と書いてあるのですが、「どうして返金が実現するのかの合理的な説明」がありません。探偵社に相談したという方のお話を聞いても、「特別な情報収集能力があり、詐欺師の居所を突き止めることができる」というらしいのですが、「どうやって突き止めるのか」「仮に居所を突き止めたとして、どうして返金させることができるのか」の説明がありません。「返金させると言っても、相手のところに乗り込んで、さあ返せ」とやるわけではないのです。
 いかがわしい探偵社等の言い分は、まるで競馬情報詐欺会社が、「裏情報があるから、1・2・3着を予想できる」とか「馬主・調教師・騎手等が談合するから1〜18着までの順位を決めることができる」などと、根拠のないうそ話をするのと同じであって、この点からも、いかがわしい探偵社等と競馬情報詐欺会社はとてもよく似ているのです。
 そして実際にやっていることは、必要のない調査(をしたかのように装い、その)費用をとり、それだけでは解決しませんから、電話一つで協力してくれるような弁護士を紹介することもあるようです。
 実際、競馬情報詐欺会社の代理人として出てきた弁護士を、被害者に紹介した探偵社がありました。つまり、競馬情報詐欺会社にも、いかがわしい探偵社にも関わっているような弁護士を紹介したりするわけです。競馬情報詐欺会社・探偵社・弁護士と、同レベルの人たちがタッグを組んでいるといってよいと思います。
 弁護士に相談したい方は、弁護士会や法テラスに相談した方がよいでしょう。
 このように説明しても、それでも、このような探偵社に頼ってみたいという方もいます。逮捕歴があり、バーチャルオフィスを使って探偵のふりをしている人物と知りながら、それでも関わりを断ち切らない人もいます。そういう方々には、もうお話することはありません。 2012/04/11 
 以下はすべて詐欺師同様の探偵社です。NPOなどもふくみます。  2012/04/20
多くの団体のホームページが短期間で閉鎖されています。それだけでも、おかしなことがわかります。同じ人間たちが新しい団体を装って新しいホームページを出していると思われます。ホームページの中身も初めの頃に比べるとずいぶん充実しています。騙されるなと言うのが無理でしょうか。
2012/07/10
雨後の竹の子のように次々と出現しては消えていく、その点も競馬情報詐欺会社と同じです。数が多いので重複しているかもしれません。2012/11/15        
55、競馬必勝詐欺無料相談センター
   (株)トータルソリューションズ
0120-020-138
調査したからといってお金が戻るわけではありません。そもそも調査は無駄。
44、みんなの会議室 2014/10/8 ジェフェリー・リサーチの広告ばかり 主催者情報全くなし 
36、ジェフリー・リサーチ(Jeffrey Research)事務所 
「早期返金までの解決策なら当社におまかせ」と言っているので、これを見る人は、ああ返金して貰えるんだと考えるのが普通でしょう。しかし、調査でお金が返ることはありませんし、探偵社側もそれを知っています。何も知らない人を勘違いさせるのがこの種の探偵社の常套手段です。 2013/10/04 
豊島区北大塚2-19-2シェーヌ大塚401  0120-399-110 03-5907-4110 
34、高橋探偵興信所 
2013.5.7からボランティアサービスに変更したという。何故? 
 2013.01.08時点で閉鎖していたはずが、そうではなかった。 
神奈川県横浜市中区長者町5-56
0120-314-328
完全無料相談など不可能  
43、SCS セキュリティコンサルティングサービス  東京都渋谷区広尾1-3-18 オフィス広尾 11F
0120-351-333  
42、新風リサーチ 詐欺被害解決の部分に問題があります。
41、NPO詐欺被害救済センター   2014/7/18 東京都渋谷区道玄坂1-15-3-3階03-6809-0030
ホームページ自体がいかがわしさ満載である。 
1−4、競馬情報倫理委員会      詐欺集団旧ビッグウィン系の自作自演の倫理委員会   
(株)ビッグウイン系の説明
1−3、競馬情報無料相談室   詐欺集団旧ビッグウィン系の自作自演の相談室  
(株)ビッグウイン系の説明
1−2、競馬情報総合相談センター    詐欺集団旧ビッグウィン系の自作自演の相談所 
(株)ビッグウイン系の説明
1、一般社団法人 日本情報機構   詐欺集団旧ビッグウィン系の中心的組織の1つ。この詐欺集団から届く郵便物には「一般社団法人 日本情報機構」の名前が、小さな字で入っています。2011/08/26 
(株)ビッグウイン系の説明  
39、詐欺被害追跡24時     2014.07.17 ホームページ作成者正体不明
詐欺探偵社に導入する手段 
アクティブ調査事務所、山手興信所などが出てくる
番外 特定の法律事務所&行政書士事務所

本当に弁護士や行政書士が電話に出るか、確認が必要
ホームページの作りが詐欺会社のそれとよく似ているものがあります。弁護士・行政書士が本物なら、名板貸しをし、詐欺師達が運営している可能性があります。
38、荏原総合調査      2014.07.15 東京都品川区荏原二丁目17番10号 1階
050-3754-0997(相談専用窓口)
03-5733-6892 
24、(株)新都心総合探偵社   
ブログ こちらは閉鎖
(A氏の証言)
調査と内容証明の作成を依頼したはずが、調査の報告はなく、弁護士に依頼したと言われた。弁護士に連絡すると、話は聞いていないと言われた。担当者と連絡がとれなくなった。/探偵社が内容証明を出すことはないし、本人に代わって弁護士に依頼することは法律上できない。結局、何もせずに高額の費用を取られた。2013/10/04
160-0022 東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 606号
 
35、詐欺被害速報   
新都心総合探偵社が名前を出している 2014.07.17
以前は、ジャパン総合リサーチ  (26番)
アルダーホワイト調査事務所  (25番)がPRとして出ていた 
ホームページの掲載責任者不明
様々な探偵社がPRと称して名前を出している。  
34−2 高橋探偵興信所 改め 詐欺相談者の会 0120-314-328 
完全無料相談など不可能 
被害の声を良く聞きます。2013/09/10
住所がよく変わります。ホームページもいろいろあります。
どこからもみても悪質です。
9、詐欺被害情報ポータル AS相談センターhttp://sagihigai-portal.com/
9、●As総合調査興信所 http://sagihigai110.jp/ 
 1つ目

+++++++++++++++++
9、AS相談センター http://as-soudan.com/g/ 閉鎖
9、(株)AS GROUP http://sagihigai-henkin.jp/company                               閉鎖
As総合調査興信所 http://blog.livedoor.jp/as_data/
  閉鎖 2012.1214以前 2つ目
As総合調査興信所http://www.as-data.com/  3つ目閉鎖
 
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目15番1号 セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿305号室
03-6279-0123
0120-329-666

新宿区西落合3−1−21
03−6908−1267

東京都豊島区高田3-5-19ワコー高田馬場マンション107
03-6914-3468  
25、アルダーホワイト  

  詐欺被害速報 
170-0004
東京都豊島区北大塚2-11-1 SKビル3F  
14、総合法律探偵事務所 あすなろ総合調査 東京都豊島区東池袋3-2-4  
03-5957-1655  
2、競馬詐欺返金情報リサーチ   
                  2014.07.17 まだやっている
ボランティアや無料をいやに強調しますね。これは自分から強調するようなことではないでしょう。本当の意図を隠しているようです
千代田区神田須田町2-1-3
03-5812-7655   
閉鎖されたものは下方にまとめています。数字はこのページに記載した時の番号です。
閉鎖した理由はわかりませんが、私がおかしいと見立てた探偵社の多くは、その後まもなく閉鎖しています。名を変えて再登場している可能性はありますが。
 
   
   
44、エージェンシーパートナー   2014/8/29掲載
                     2014/9/14閉鎖確認 
東京都豊島区東池袋3−1−4 サンシャイン1007
03−6907−3939 
40、山手興信所        2014.07.17
                  2014/9/14閉鎖確認  
東京都台東区根岸2-1-2 大塚ビル3F
03-6869-0626
詐欺がメインならおかしいです
詐欺被害追跡24時に名前がある
 
37、(株)KANAME総合探偵社   閉鎖2014/8/29確認 ブログの詐欺の部分はおかしい  
35、投資環境調査センター  2014.07.17時点閉鎖  東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
0120-72-7055  
37、明生  2014.07.17時点閉鎖 〒105-0013 東京都港区浜松町1-1-9 TEL:03-5472-1140  
36、新規  返金110番 竹本勝雄   ボランティアの欄にも記載 
                    2014.07.17時点閉鎖
わざわざ被害者名簿を購入してまで、無料で助けてあげようなどという人間などいない  
26、ジャパン総合リサーチ http://blog.goo.ne.jp/japanresearch 
        2014.07.17時点閉鎖

26、ジャパン総合リサーチ 閉鎖 2012.12.9以前
 (ブログ)http://sagihenkin.jp    ←閉鎖  
東京都台東区駒形1-7-2-301 
03-6795-1012   
33、消費者保護センター  2012.12.05掲載  2014.07.17時点閉鎖  東京都港区虎ノ門5-13-1虎ノ門40MTビル7階/高木雅夫/0120-925-269 
32、法正総合調査 http://houseisougou.com/  
2012/12/05現在 多くのページが文字化けを起こしている。
2014.07.17時点閉鎖  
東京都板橋区前野町1丁目25番6号 03-5775-1041   
 31、ミッションパートナー  株式会社Mission partner
http://blog.livedoor.jp/missionpartner/ 2014.07.17時点閉鎖
東京都豊島区東池袋 3-22-12 ヴィラロッソカバーロ9F
03‐5956‐6601 03‐5956‐6602 
30、品川総合調査    2014.07.17時点閉鎖 
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-18-3グレイス五反田9F
TEL:03-6303-9065
FAX:03-6303-9066
mail:info@shinagawa-sc.com
 
29、TDCサーチオフィス
東京データセンターサーチオフィス    
http://www.td-center.com/ 2014.07.17時点閉鎖 
http://tdcsearchoffice.blog.shinobi.jp/  2014.07.17時点閉鎖 
http://blog.livedoor.jp/sougoukoushinjo/archives/3665545.html2014.07.17時点閉鎖  
東京都品川区西五反田8-2-10-10F
03-6420-0508 志賀 裕樹  
 4、総合救済センター=SKC
(株)ファルコン総合探偵事務所
   2014.07.17時点閉鎖 
〒105-0004 東京都港区新橋6-13-11
0120-66-0931
初めはボランティア団体か探偵社か不明であった。    
27、ファーストリサーチ   2014.07.17時点閉鎖  〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-60-20-910
03-6914-3007 
8、 イーグルリサーチ総合事務所
 (イーグル法務探偵事務所)
 2014.07.17 まだやっている
港区赤坂4−3−31−4F
0120-036-991   
23、ワールドリサーチ総合調査  2014.07.17時点閉鎖
ワールドリサーチ総合調査  ←閉鎖
18、ワールドリサーチ総合探偵社 ←閉鎖   
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-4 SCビル2F
03-3226-2888(総合調査)
03-5114-6893(総合探偵社)  
17、(株)Mission partner  2014.07.17時点閉鎖  東京都豊島区東池袋 3-22-12 ヴィラロッソカバーロ9F  03‐5956‐6601  
15、ユアーズ総合探偵事務所  2014.07.17時点閉鎖 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10
0120-505-545 
12、全国詐欺被害相談センター JT総合事務所  
いつの間にか複数の法律事務所の入口のように使われている。
よくにたアドレスの
http://ww2.sodancenter.com/index.html
「sodanncenter com」に転送されるようになっている。2012/09/18
2014.07.17時点閉鎖 
詐欺に調査は必要ない!!! そのことは調査会社の人間が一番よく知っている。 2011/06/22記載
〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨2-1-19
03-4588-9512 
22、SR サンシャインリサーチ 閉鎖 2012.12.9以前   東京都豊島区東池袋1−31−16
0120-365-783     東証ビル3 10F   
13、詐欺被害返金センター リーフ総合事務所 閉鎖   東京都豊島区池袋4-28-5
03-3982-1266  
11、Office researach(オフィスリサーチ)
      (株)日本総合社
             (閉鎖)
東京都新宿区西新宿5-1-18
TEL 03-5302-1988 
10、国民総合興信所   (閉鎖)

東京都新宿区西新宿3-7-1 パークタワーN30階 03-6300-0150 
30階には
バーチャルオフィス Regus(リージャス)があります。
代表 外山裕一郎

代表の外山裕一朗は、平成18年1月25日に、出資法違反で逮捕されています。

↓下の記事参照
 競馬情報詐欺に関して言えば、「これこれこうだから当たるんです」ともっともらしい理由をつけて、強引に説得し、そう言われるとそうなのかな、と思わせてしまうところがあります。同じように国民総合興信所のウェブサイトには、何故調査が必要か、効果的かと、もっともらしいことをいろいろ書いていますが、これは実際とは違います。お金を取り返す行為に調査は基本的には必要ないのです。100歩譲っても、弁護士がいろいろ手を尽くした結果どうにもならず、それでも調べたい(知りたい)という場合があるかもしれません。しかしそこまでくるともう弁護士にも解決は無理と思われます。こういう悪質なケースは警察に調べて頂いて、是非刑事責任を追及して欲しいものです。刑事責任を問うと民事責任は問えない(もうお金は戻らない)と考える方がいるようですが、必ずしもそうではないと思います。刑事責任を軽くするために賠償に応じてくる場合もあると思いますし、敵の正体がはっきりします。刑事で有罪になれば、民事で勝訴する可能性も高くなるでしょう。  
   
【090金融】法定利息の最大895倍、摘発:警視庁(5)

1 Ψ 2006/01/25(水) 14:23:41.84 ID:zqFs3yP20
法定利息の最大895倍で現金を貸し付けたとして、警視庁生活経済課は25日、元貸 金業「パルル」経営、牧島弘晃容疑者(25)=長野県高山村高井=を出資法違反(高 金利)などの疑いで逮捕した。調べに対し、牧島容疑者は容疑を認めているという。

 同課によると、牧島容疑者は多重債務者の名簿を入手し、店舗を構えず携帯電話 で勧誘する「090金融」を経営していた。

 調べによると、牧島容疑者は2005年5―8月の間、足立区のアルバイトの女性(35) ら計5人に現金を貸し付け、法定利息の約133―895倍にあたる利息計約130万円を 受け取った疑い。

 同課は、牧島容疑者と顧客名簿を共有していた別の貸金業店長、外山裕一朗(29) =練馬区大泉町6=ら2容疑者も出資法違反容疑で逮捕した。 (14:00)

法定金利上限は29.2%

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060125AT1G2501125012006.htm
21、まもる総合探偵社  閉鎖 〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階TEL:03-6915-3444 
19、日本シークレットセンター 閉鎖  東京都新宿区高田馬場2-1-2 田島ビ4F
0120-530-700 
18、ワールドリサーチ総合探偵社 閉鎖  〒160-0004 東京都新宿区四谷3-4 SCビル2F
03-5114-6893(代表) 
16、国民被害救済センターアイリス総合事務所 閉鎖  東京都豊島区南池袋2-29-16-7F
03-3982-1277   
7、エース相談センター    閉鎖 個人企業の様ですが、責任者の名前がありません。責任の所在を明確にして欲しいと思います。  
6、SPL法律探偵事務所    閉鎖       
5、「詐欺被害無料救済センター」 閉鎖http://soudan-shiyou.com/mb/index.html 正体不明な団体 
4、スピード救済センター (閉鎖)
3、日本救済センター  (閉鎖)
2、SPL法律探偵事務所
1、コードリサーチ(code research) 
しばらく見ないうちに3つともウェブサイトが閉鎖されていました。これらは私が最初に気がついた、いかがわしい探偵社の3つですが、これらで被害を受けた方の依頼は特になかったので、しばらく忘れていました。しかしこういう事態に至ったことからも、これらの関係者自身が「反社会的勢力」だったことが伺えます。これは推測ですが、これらの探偵社にしろ、「社台物語グループ」にしろ、暴力団に近い人間達の団体ではないかという気がしています。2011/05/19   
2、詐欺師同様のNPO (いわゆる二次被害をださないために)
        
ONE LOVE 詐欺被害無料相談センター   2012.09.26
   閉鎖   全く無関係な記事に変身 2014.07.17
東京都新宿区西新宿三丁目7番23 03-5413-6620
「非営利活動団体 こくみん救済センター」 http://www.kkc110.com/i/index.html   閉鎖  1、代表者名がない 2、非営利活動法人(NPO法人)と紛らわしい「非営利活動団体」の名を使っている。
東京都台東区東2-10-7 丸山ビル2F
03−5817−5557   
3、詐欺師同様の一般社団法人(公益法人) (いわゆる二次被害をださないために)
2、一般社団法人 インターネット健全化協会

競馬情報詐欺会社株)リージェンシーの関係者のサイト 閉鎖
競馬情報詐欺会社リージェンシーホースクラブ=(株)リージェンシーの人間が関わっています。 
1、一般社団法人 消費者救済協会
http://kyusai-as.jp/?yah-lis       閉鎖
おかしい 2011/08/10
渋谷区渋谷1−8−3
渋谷区赤坂6−4−18(分室)
4、詐欺師同様のボランティア・市民団体 (いわゆる二次被害をださないために)
返金110番 竹本勝雄      2013/04/17 
                  2014.07.17時点閉鎖
090−7828−1066
わざわざ被害者名簿を購入してまで、無料で助けてあげようなどという人間などいない   
3、被害ナビ
 以前は(株)エクスペリエンスポイント、川村健治とありました。その後、正体不明になり、現在は、弁護士の名前を利用したページになっているように見えます。 
これまでは会社概要に(株)エクスペリエンスポイント、代表川村健治(代表取締役ではない)の名前がありましたが、本日削除された模様です。住所・電話・責任者不明で、ますます正体不明です。2012/03/09 
同じURLで、いつの間にか弁護士事務所のホームページらしき体裁になっていたので、一旦リンクを切りました。しかし、弁護士事務所のホームページは他にもあり、このホームページは名板貸しの感じがします。2012/05/24
1、市民団体 あおばの会   閉鎖   1、何もかも無料でできるわけがありません
2、住所は「東京都中央区銀座1丁目」とありますが、○番○号、そしてビル名・部屋番号が欠けています。これでは郵便を出しても届きません。
3、団体の責任者が不明です 2011.春   
5、気になる掲示板 (いわゆる二次被害をださないために) 
     
1 悪徳競馬予想被害者の会 http://jbbs.livedoor.jp/internet/12012/  閉鎖  ここは自由に書き込みができる掲示版のようですが、「管理人に個人的に被害相談をしたい方、また返金請求の相談をしたい方はこちらにメールを送ってください。 【管理人SHK】」とあり、管理人(責任者)の氏名・住所・電話番号などが何も書かれていません。最低条件として、責任の所在を明らかにするべきでしょう。
 この掲示版は集客を目的としているようです。しかも責任の所在を明らかにしていません。よろしくない典型的なウェブサイトと考えられます。 2011/06/14
 
 〜体験談を求めます〜 
○突然探偵社から電話が来た。どうして自分のことを知ったかと聞いたら、競馬情報詐欺の被害者名簿を買ったと言われた。
→被害者かどうかどうしてわかるのか知りませんが、競馬情報詐欺会社と繋がっていると言われてもしかたがないでしょう。

○探偵社に相談したら、会社の居所を突き止めましょうと言われて、何十万円も支払った。
 →居所を突き止める必要はありません。しなくてもよいことを勧めて何十万円もとるのは、よくない探偵社というしかありません。

○調査を依頼したら、お金ばかり取られて、何もならなかった。
→居所を突き止める必要はありません。頼まれたとはいえ、しなくてもよいことをして何十万円もとるのは、よい探偵社とはいえないでしょう。
 「競馬情報詐欺」などで検索すると出てくる某探偵社は、責任者の名前が書かれていて、看板も出ていましたが、上記のことをしているという話を耳にしました。

○探偵社から弁護士を紹介されたが、何をしてくれているのか分からない。
→「よくない探偵社」が紹介する弁護士は「よくない弁護士」だとは思いませんか? 類は友を呼ぶというでしょう。悪いところには悪い人が集まると考えれば簡単です。

 探偵社との関わりで、こんなことがありました、という体験談がありましたら、ご連絡頂きたいと思います。
 ただ、申し訳ないのですが、できるだけ、氏名・住所・電話番号等を明記して頂きたいと思います。
 以上、宜しく御願い致します。
10/08/13
    
A氏に「日本シークレットサービス」という会社から突然電話があり、詐欺の被害を受けたそうですね。相手の住所を突き止めてあげましょうと言われ、19万円払ったそうです。結局その探偵社は、@登記をとり、Aそこに書かれた会社の所在地を見にって、そこには事務所がありませんでした、と報告しただけだそうです。だれでもできる簡単なこと、しかも、する必要のないことをして19万円をとったそうです。A氏が競馬情報詐欺の被害を受けていることを知っていると言うことは、競馬情報詐欺会社とつながっているということでしょう。こうして2度騙される人があとをたちません。2011/04/07
今日も「○○救済センターに30万円払った。弁護士さんを紹介され内容証明付郵便を出して貰ったが届かなかったそうだ」「弁護士とは話をしたことがなく名前も知らない」という電話がありました。なんとおかしな話でしょう。
 弁護士は依頼者と直接話をし、かつ、受任契約をしなければいけません。弁護士と話したことがないというのがまずおかしいことです。そして、名前を知らない・委任契約もしていないなど、本来はあり得ないことです。もしこれが本当なら、極めていい加減な話です。というよりウソ、つまり騙されている可能性が高いと思われます。
 内容証明付郵便が届かなかったので、調査をする必要があると言って、必要のない調査をするふりをしてお金を取る、それがいかがわしい探偵社の手口かもしれません。10/11/06
 〜変な探偵社・救済協会〜 無料相談・弁護士紹介がうたい文句  ただほど高いものはない   

○○法律探偵事務所、○○法務探偵事務所、○○救済センター、一般社団法人○○救済協会、
NPO(特定非営利活動)法人○○
NPO(特定非営利活動)法人○○サポートセンター、その他

どうして必要のない調査をするの? そして30万円も60万円も支払うの?
どうして探偵社に弁護士を紹介してもらうの?
「変な探偵社」が紹介する弁護士は「変な弁護士」ではないの?


平成22年9月9日、NHKの番組「追跡!AtoZ "正義の味方"はなぜ堕ちた 〜急増する弁護士トラブル〜)で、無料相談を謳い文句に相談者を会場に集め、一方で弁護士を手配し、返金が実現した相談者から予告なしに多額の紹介料をとる業者と、そのような業者から仕事を紹介してもらう弁護士がいる実態を報道していました。いかがわしい探偵社の場合もよく似ていて、紹介手数料の代わりに、不必要な調査費をとっていると言ったらいいかもしれません。
詐欺会社の居所を突き止める為に30万円払った! 60万円かかると言われた!
 ばかな!!!
●「居所を突き止めましょう」という探偵社はおかしい!
●「居所を突き止めて欲しい」と言ったとき、受任する探偵社もおかしい!

  なぜなら、お金を取り戻すのに、相手の所在地を知る必要はないからです!

1、競馬情報詐欺会社の所在地を確かめる為に、探偵社に何十万円も払ったという話しを時々耳にします。しかし、それが事実なら、間違っています。

 何故なら、返金請求は、相手の事務所に直接押しかけて、首根っこを捕まえて、さあ返せと迫るわけではないからです。

 返金請求をする場合、通常は、まず文書を送付し、そのあとは文書又は電話で連絡をとりながら、解決します(和解)。あるいは裁判をするにしても、全て文書のやり取りで進行します。文書が届き電話が通じればよいのであり、実際の事務所がどこにあるかは関係ないのです

 実際、競馬情報詐欺会社の多くは、表示されている住所に事務所はありません。しかし、郵便は大概届きます。詐欺会社が、そのように郵便局に手配しているのです。

 確かに、一部、郵便が届かない場合もありますが、まずは、弁護士・司法書士・行政書士などに相談して、対策を考えるのがよいと思います。自分で判断して、いきなり探偵社に調査を依頼するのは無駄です。

2、探偵社が競馬情報詐欺のお金を取り戻してくれるという話を最近耳にします。探偵社が入口になって、弁護士等を斡旋し、競馬情報詐欺に対応しているようです。返金率90何パーセントなどと書いているところもあります(意味がよくわかりませんが)。

 ただ、これも順序が逆でしょう。探偵社の仕事は調査活動で、返金手続に、通常は調査は不要です。従って、まず弁護士等に相談して、その結果、どうしても調査が必要であれば、弁護士等の指示に従って、探偵社に依頼するという手順が正しいはずです。

3、代表者の表示等 代表者名のない団体は避けるべき。
 @個人的見解ですが、代表者(責任者)の名前が明示されていないウェブサイトは信用できないと思っています。組織には必ず代表者がいますし、責任の所在を明らかにするために、代表者の名前を載せるべきです。そして、名前が載っていれば、弁護士・司法書士・行政書士などの場合は、各所属会のホームページで、会員検索して確認することができますし、探偵社の場合は、警察(本部)の探偵業を管轄する部署に電話をして、確認することができます。本当にそのような人物がいるかどうか。
 つまり、代表者(責任者)の名前のないウェブサイトは、もうそれだけで信用できないと思うべきです。そして、名前が載っていても、場合によっては、さらに確認する必要があるということです。詐欺が横行する世の中ですから、それくらいの慎重さが必要ではないかと思います。
 なお、競馬情報詐欺会社は、代表取締役ではない者の名前が「代表者」として書かれているのが普通です。
 A住所が○丁目○番○号のうち、○号が抜けているサイトもありますが、これはちょっと変ですよね。

 くり返しますが、希なケースを別とすれば、事務所の所在地を捜す必要はないのです。
 10/03/26
責任者名を載せない & 事務所がみつからない 探偵社  
 最近、競馬情報詐欺の被害者の方から伝え聞いた3つの探偵社が気になり、「競馬情報詐欺」「競馬詐欺」などのキーワードで検索すると、○○法律探偵事務所、○○法務探偵事務所、○○救済センターが見つかりました。どれも、非常に素晴らしいウェブサイトであることがわかりました。
 しかし、そのどれもが
責任者の表示がなくウェブサイトに記載された所在地に、事務所の表札・看板等を確認できませんでした。  
 その事実を当ウェブサイトで指摘すると、さっそく電話があり、「これから出す」「もう出した」「前から出している」等の連絡がありましたので、後日、そのうち2社を確認したところ、
どちらも看板は出ていませんでした。まさか確認するとは思わなかったのかもしれませんが、すぐばれるウソを平気でつくことからも、競馬情報詐欺会社と共通の体質がうかがわれます。 
 なお、同様の探偵社等が他にも見つかっています。 10/08/27 

1、共通点
@それらにうちいくつかは○○法律探偵事務所、○○法務探偵事務所など、「法律」「法務」の名前がついている。
 探偵社の仕事は「調査」なので、「法律」や「法務」は使わないようにと、公安委員会(警視庁)が指導しているそうです。
Aそれらのうちいくつかは○○救済センター、○○救済協会などを名乗り、名前からは探偵社であることがわかりません。
 しかも業務内容が本来の調査活動ではなく、騙されたお金を取り戻すという内容です。
Bいずれも、警察OB、弁護士、司法書士もしくは行政書士などと連携して、非常に多くの詐欺事件を、非常に高い確率で解決していると謳っています。しかし、担当者名がないので具体性がありませんし、責任の所在がはっきりしません。何か、すごいと思わせるだけです。
C短い期間に何千件もの無料相談をしていると謳っています。1件の相談には数十分はかかります。スタッフがそんなに無料相談をしていたら、経費がばかになりません。本来の仕事はいつするのでしょうか。
D代表者の名前が記載されていない。
 何かトラブルがあった場合は責任を求めなければなりませんが、これでは責任の所在が不明です。責任者を隠す。これはいかがわしい団体の常套手段です。  
Eウェブサイトに記載の所在地に、事務所の表札・看板等を確認できない。
 中には、確かに事務所がある場合もあるようです。
 では何故、看板を出さないのでしょうか。おそらく、正式に賃貸借契約をしていないので、ビルの管理者との関係で看板を出すことができないという事情もあるのではないでしょうか。
〜二重に騙されないために〜
 ウェブサイトで捜す場合、二重に騙されないために、弁護士(法律事務所)・司法書士・行政書士等の資格者で、かつ、その責任の所在(所在地、個人名)を明記しているところに連絡をすることをお勧めします(名前がなければ偽物の可能性もあります)。
 ○○法律探偵事務所、○○法務探偵事務所、○○救済センター、一般社団法人○○救済協会、NPO(特定非営利活動)法人○○,、○○リサーチなどと、さもよさそうな名前の場合は、責任者を確認するべきだと思います。弁護士・司法書士・行政書士等が責任者として名前を明示しているかどうかが一つの目安だと思います。もちろんこれらの資格者でなくてもよいのですが、責任者名がない団体は、それ以上近づかないことです。所在地に本当に事務所があるかどうかを確認するのは面倒ですが、責任者名がないような団体は、ほぼ、事務所はないと言ってよいと思われます。
また、消費者センター、国民生活センターなど、公的なものと間違え安い名前の団体には私なら近づきません
〜無料相談の罠(わな)〜
 国や地方公共団体などの公の機関はともかく、民間団体が無料相談だけでやっていけるはずがありません。しかも、インターネットに広告まで出してです。広告代を払って、「こんなに無料相談をしています」とアピールすること自体がいかがわしいわけです。本当のボランティア団体はお金がありませんから、公告など出せないはずです。それを見破らなければいけないのです。
 また、消費者問題の無料相談機関には、国の国民生活センターや地方自治体の消費者センター等がありますから、民間で無料相談専門の団体を作る必要性はないと思われます。民間に必要なのは、有料で、実際に問題を解決してくれる事務所や団体です。従って、民間の機関が無料相談だけしているかのように謳うこと自体がいかがわしいことになります。

 「無料相談」をしてもよいのですが、それをあまりにも強調するところは、裏がある、つまり、きっと高くつくと考えた方がよいでしょう。高くつくという意味は、目的を達成することなしに、関係の無いことでいろいろ料金をとられて、まるで詐欺にあったような結果になるという意味です。紹介される弁護士が、競馬情報詐欺会社とも繋がっていて、少しも依頼者の為に働いてくれないということもあり得ます
 また、一般社団法人にしてもNPO法人にしても、非営利とはいっても、職員の給与やその他の必要経費がかかるわけですから、「無料」ではやっていけません。「無料」でもよいのですが、それをことさら強調する団体は、何かあるのです。いかがわしい臭いを感じとって下さい
 ちなみに、詐欺師は、親兄弟より親友より、優しく親切で思いやり深い声をして近づいてきます。
〜確かなところに相談を〜
 弁護士に相談したい方は、法テラス、弁護士会、市区町村の市民相談に連絡をとり、相談日を決めて相談されると良いでしょう。司法書士、行政書士なども、それぞれの会に電話をして紹介していただいて下さい。もちろん、個々の事務所に電話をして相談されてもよいと思います。
 一般論としても、「わけのわからない探偵社」が紹介する弁護士は、やはり、「わけのわからない弁護士」だと思います。類は友を呼ぶといいますから。 10/08/18
〜探偵社の中に競馬情報詐欺会社と近いものがある〜
 「競馬情報詐欺」「競馬詐欺」で検索すると広告が出てくる探偵社の中には、裏で競馬情報詐欺会社と繋がっているところがある模様です。競馬情報詐欺会社の人間が探偵社をしているのか、探偵社の方から競馬情報詐欺会社に近づいているのかわかりませんが。
 また、競馬情報詐欺の被害者に対して、競馬情報詐欺会社の代理人をしている弁護士を紹介しているところもあります。
  10/08/17
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 前編 14分52秒 
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 後編 6分8秒        2013/04/17

トップページ >  悪質競馬(馬券)情報会社一覧