板倉直壽 (なおひさ)   
    

  

ハスヌマ通信

個人的な見解をまとめたものです

 〒421-0411 静岡県牧之原市坂口2142番地1
  メールはこちらへ  TEL・FAX 0548-29-0961


◇◇◇◇◇久しぶりの発行です◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
●ハスヌマ通信 第7号 2024.6.15
1、小中学校統合の白紙撤回を求めます。第1回
2、河本千奈さんのことを覚えてらっしゃいますか?
 
●ハスヌマ通信 第6号 2021.11.10 
1、第6号の主題
(1)市議会議員は仕事をどれほどしているのでしょう? 
(2)坂部区の牧之原市市議会議員選挙の現実と課題
(3)税金のばらまきと、公明党
2、牧之原市市議会議員選挙での、板倉直壽の「選挙運動費用収支報告」
 
▲番外 牧之原市市議会議員 定例議会での一般質問の実績 
(2017.12~2021.9までの4年間)  PDFファイル   HTMLファイル

▲番外 牧之原市市議会議員 定例議会での通告質疑の実績 
(2017.12~2021.9までの4年間) PDFファイル 

▲番外 2021.10.24 牧之原市市議会議員選挙用 選挙ビラ  
1、候補者略歴 
2、立候補の理由
3、牧之原市の未来像
(1)農林漁業の6 次産業化が牧之原の未来を開く!
(2)農林漁業は、誇るべき、隠れた「百年企業!」
(3)規模ではなく、満足度や幸福度
(4)目指すは福祉都市
4、私の基本的な考え方。
(1)IR反対/
(2)消費税の廃止、税率引き下げには反対です/
(3)税金のばらまきには反対/
(4)市議会は「賢人会議」であれ/
(5)選挙公営制度は利用しておりません/
 
●ハスヌマ通信 第5号 2021.10.1   
1、第5号の主題
(1)現役市議会議員のことを知る為にも、全市1区の選挙にするためにも、 牧之原市のホームページに、議員の紹介をもう少し詳しく書いて欲しい。
(2)福祉国家と消費税、そして福祉都市、牧之原
(3)戦争体験がないからこそ、戦争を語り継ぐことができる。
 
●ハスヌマ通信 第4号 2021.9.15  
1、第4号の主題  その1
(1)牧之原市の市議会議員候補選びについて思うこと。
(2)牧之原市の市議会議員について思うこと。
2、第4号の主題 その2
(1)国政ですが、一律 10 万円の特別定額給付金は悪政だと思います。
(2)市民全員に一律 5 万円を還元すると公約して当選した岡崎市長は“悪人”。
 
●ハスヌマ通信 第3号 2021.9.1   
1、第3号の主題
(1)牧之原市役所の各部署、学校等に「単純化委員会」を設ける案。
(2)津波避難タワーを普段から利用しませんか?
(3)ついにきた「セルフロックダウン」 増殖する変な外国語
2、自己紹介③ 競馬情報詐欺の被害者のために金銭を取り戻した経験
 
●ハスヌマ通信 第2号 2021.8.15    
1、自己紹介② 私の略歴
2、第2号の主題
(1)坂部区(旧坂部村)の『慰霊塔』に戦没者の個人名を刻んだ碑が欲しいと思います。
(2)牧之原市の文書や事業の名称に、分かりやすい日本語を使って欲しい。
 
ハスヌマ通信 第1号 2021.7.15   
1、自己紹介① 牧之原市坂口と私の関係
2、ハスヌマ通信を配布するに当たり
3、第1号の主題
(1)「賭博及び関連施設」(IR=アイアール)の誘致に反対します
(2)県道73号線の最高速度を時速40kmに戻すよう訴えたいと思います。
 

4、ハスヌマ通信再刊

 長らく、ハスヌマ通信は休刊していましたが、2024年6月21日に久しぶりに第7号を発行し、新聞折込で牧之原市(旧榛原町、旧相良町)全域に配布致しました。主題は「牧之原市小中統合計画白紙撤回を求める」です。新聞を購読していない方には届かないため、ここに上げています。

3、その後、2021年11月頃、旧榛原町全域に新聞折込で第6号を配りました。
2、 ハスヌマ通信は頭の体操

 ハスヌマ通信を書きながら、少しずつ自分の考えが深まっていくことを感じます。書くことが自分の思考を成長させてくれるようです。第5号までは紙に印刷して戸別に配布してきましたが、予想外の手間がかかるので、戸別配布はもうできないかもしれません。ただ、継続することで自分の思考がさらに深まるのではないかという期待感が強くありますので、今後も「ハスヌマ通信」の作成は続けていき、とりあえずホームページ上で公開することにしたいと思います。2021/10/30  

1、 ~2021年のお話し~

 今やインターネットの時代ですが、インターネットよりも直接紙を配布した方が読んで貰える、そう考えて、紙のハスヌマ通信を、家から近いところから配り始めました。坂部、勝間田、細江、静波と、およそ4000戸弱の家々に3回ほど配りましたが、配るほどに少しずつ地理が頭に入ってきて、随分時間がかかったものの、土地に対して親しみを感じるようになりました。もしかすると、その地に生まれて育って何十年という人たちよりも、地理に詳しくなったかもしれません。



私が作曲し、パソコンで作った音源を聴いて下さい。

鈴木千奈津 詞   板倉直壽 曲  連続11曲集