詐欺師の群像、悪魔の群像    作成日 08/1/17  更新日 2015/12/7
 悪質競馬情報の資料
    
板倉事務所トップページ    競馬情報詐欺一覧   資料室    詐欺師同様の探偵社・非営利団体  2次被害    再表示

 競馬情報詐欺集団
増山記透・長谷川純グループ=日本情報機構(ビッグウイン)
のまとめ
その歴史と現在

このような組織がいつまでも存在することが不思議でなりません。

   事例351

      静岡県を被告として訴訟を提起しました。

 平成29年5月12日、私は静岡県(実務は法務文書課)に対して、県知事名で行われた懲戒請求手続及び審査請求手続が、行政手続法及び行政不服審査法の目的に違反して違法であることを理由に、国家賠償法第1条(公務員の違法行為)及び民法第709条(不法行為)に基づく損害賠償請求の訴訟を起こしました。
 これらはもともと競馬情報詐欺の事案から出発していますので、詳しくは今後、ご覧のページあるいは「増山記透グループ」に関するページ、さらには 「静岡県(法務文書課)に対する訴訟」の中で詳しく公表していく予定です。2017/5/21



 およそ300人の社員を擁し、10数年にわたり、年間30億円程度の大金をだまし取ってきた極めて悪質な競馬情報詐欺詐欺グループである増山記透グループの法律顧問である長谷川純弁護士が、私の懲戒請求を静岡県知事に求めた結果、静岡県法務文書課は私に業務停止2ヶ月の懲戒処分を行いました。そこで、私は審査請求(不服申立)をしましたが、業務停止期間が終了したことを理由に却下となりました。詳しくは下記にまとめています。


 1 平成27年7月 長谷川純弁護士が静岡県知事に板倉の懲戒処分を求める 

    静岡県法務文書課が根拠とする最判の整理、及び、主張に対する反論

 一方、私も長谷川純弁護士の懲戒請求を東京弁護士会に対して起こしました。その根拠は、長谷川純弁護士の増山記透グループを擁護する行為が、弁護士職務基本規程14条の詐欺的取引の助長禁止に違反するというものです。長谷川純弁護士が増山記透グループを擁護するのを止めさせ、増山記透グループを解散に追い込むのが目的です。詳しくは下記で述べています。

 2 平成27年8月 板倉が東京弁護士会に長谷川純弁護士の懲戒処分を求める  

                                     2016/1/29

 平成29年5月12日、懲戒請求手続も審査請求手続も行政手続法や行政不服審査法に違反すると考えた私は、国家賠償法第1条(公務員の違法行為)及び民法第709条(不法行為)を根拠に、静岡県知事(実務は法務文書課)に対して損害賠償請求の訴訟を起こしました。詳しくは下記でお知らせします。

 
3 平成29年5月 板倉が静岡県に対して損害賠償請求訴訟を提起する 



詐欺の手口の概要

有名スポーツ新聞に全面広告を出す。そこには、過去の全レースで万馬券があたったかのように見える、捏造した的中実績を載せ、同じように当たる買い目情報を、無料で提供しますとうたい、会員を募集する。ただし、2012年頃からはホームページとメールを使った勧誘方法も使い始めている。

②興味半分で登録した会員に対して、初めは無料情報を提供するが、すぐに、電話とダイレクトメール(DM)を使って、有料情報の執拗な勧誘が開始される。
その話の中身は全く嘘・捏造・デタラメである

③全国の騎手、調教師、馬主、生産者等に情報網を張り巡らしている、情報業界最高位と称する
架空の情報社を作り上げ、そこから立派なパンフレットが届く。そこには架空の代表者や役員の顔写真が載っていて、数ヶ月の間に毎レースで万馬券が当たり、総額数千万円の配当があったというウソの実績、作り話が書かれている。

④担当と称する人物から電話があり、「パンフレットの記載は本当です」「
必ず当たります」「この情報を取得すればあなたも数千万円を手にすることは間違いありません」「あなた様の為にやっと権利を取得することができました(と言って、苦労話を語る)」「お客様には何としても幸せになって頂きたいのです」などと、全くの作り話と殺し文句を駆使して、執拗に勧誘し、ついには信じ込ませて、50万円、100万円という大金をだまし取る。もちろん、作り話だから買い目情報は全く当たらない。

⑤不的中が続き、高額な情報料と馬券代をあっという間に失うと、被害者はパニックに陥る。すると、間髪を入れず、聞いたことのない情報社からダイレクトメール(DM)が毎日届き始める。郵便物には住所の記載がなく、郵便が届かない場合(拒絶の場合)の返還先として、「
一般社団法人 日本情報機構」の名前と住所が書かれている。つまりこれらの情報社は名前だけ(文書の上だけ)であり、登記はなく、、専用の事業所もなく、専任の職員もいないのである。この詐欺グループの人間が、何社も何十社も掛け持ちで電話に出て、客に対応しているのである。具体的に言えば、おそらく1室に何十本もの電話を受ける装置が置いてあって、そこに、A社、B社、C社・・・と名前が書いてある。電話がなると、電話番がA社ですとかB社ですなどと言いながら出て、客が担当の○○さんを御願いしますと言うと、担当に回すのである。従って、これらの情報社は個別には実態がなく、この詐欺集団の作り話である。一般社団法人 日本情報機構はこれらの名前だけの情報社が郵便物を送るための方便としてつくられた会社だと言ってよい。なお、差出人として佐川急便株式会社の名前が書かれていることもある。

⑥これらの情報社のダイレクトメール(DM)にも、
ほとんど全てのレースで万馬券が当たったという、ウソの的中実績が書かれており、担当者からは、「間違いありません、そのとおりです」「必ず当たります」「是非この情報でこれまでの損失を取り戻して下さい」「お客様の為に用意した特別な情報です」などと、言葉巧みに、執拗に勧められる。実際には、いわゆる「劇場型」と言われるように、様々な人物が登場する。かつて同じ情報社の情報で莫大な富を獲得したという人物が登場したり、情報料は自分が払ったから、権利だけをあなたに譲るという人物が登場したりと、様々な作り話を語る。パニックに陥った被害者は何とか損失を取り戻したいという思いにかられ、正常な判断力を失い、ついついこれらの作り話に乗せられてしまう。詐欺師達はそれを計算して、攻め込んでくるのである。そして、作り話であるから、次もまた当たらない。するとさらに上位と称する情報社が登場し、新たな情報を売り込んでくる。そして、藁をも掴む思いでさらに情報料を払ってしまう被害者もいる。くり返しになるが、情報社の名前は変わっても、すべて同じ詐欺集団(増山記透・長谷川純グループ)が行っているのである。また、いうまでもなく、なりゆきでそうなるのではなく、組織的計画的に行われるのである。ちなみに弁護士の長谷川純はそれを承知で、詐欺師と同じ言い訳をするのである。

⑦詐欺師達は「
必ず当たります」「お金を借りてでも、情報を購入して下さい。日曜日には当てて、月曜日には必ず返せますから」「通常は手に入らない情報ですが、お客様の為に土下座をして手に入れました」「お客様に是非幸せになって頂きたいのです」「あなたに幸せになって欲しいので権利を譲ります」などと、全くの作り話をやさしく、親切な声でささやき、信用させて、買い目情報に大金を支払わせるのですから、「人を欺いて財物を交付させた者」(刑法246条)に当たるのは間違いなく、まさしく詐欺です。そして、不的中が続いて、被害者がどうして当たらないのかと抗議すると、「競馬とはこんなものでしょ」と、うそぶくのである。

⑧なお、封筒に、「
競馬情報総合相談センター」のチラシが入っていることがある。「困ったら相談して下さい」と書いてあるが、これは詐欺集団の自作自演である。そうとは知らずに電話をして相談すると、詐欺師が出て、「あなたはだまされていません。大丈夫ですよ」と言って安心させる。

⑨同じく封筒に、「
競馬情報倫理委員会」の名前があり、我々が情報社を監視しています、困ったら相談をして下さいというようなことが書かれているが、これもまた詐欺集団の自作自演である。被害者を安心させ、そしてだます為の道具である。

⑩以前は、住所のない、名前だけの情報社(もちろん法人格はない)は個人名の銀行口座を使い、そこに送金させていたが、口座開設が難しくなったのか、会社ごとに口座を開設するのが面倒だからか、2011年末ごろから、詐欺集団が自ら「
料金収納代行会社」を設立して、料金収納の為に使うようになった。このような料金収納代行会社は多数あり、どれもこの詐欺集団が送金口座として利用するために自ら設立した会社であり、詐欺集団以外の会社の収納代行を請け負っているわけではない。いわば自作自演の料金収納代行会社なのである。

⑪封書は少ない人でも100通程度は来る。多い人は1000通を越える。
1通当たり15枚とすると、1,500枚~15,000枚の文書が届く計算になる。これらの膨大な文書は予め用意されているのである。だましの手順が初めから決まっている。だまし取られるお金は、初めは50万円から100万円(懐具合を見るので、もっと少ない人もいる)だが、何十社も続くと1千万円、2千万円を越える人も少なくない。

⑫この詐欺集団には、親会社的立場に立つ、
(株)保 (たもつ)、 (株)モノリス、 (株)ISCなどがあり、その下に詐欺集団の各部門、つまり、社員募集、ホームページ作成、文書印刷、ダイレクトメール(DM)送付、顧客名簿管理、営業等を司る、いくつもの会社がある。(株)ぽっぽビート、 DAIJI(株)、 (株)喜作、 (株)M&C、 一般社団法人 日本情報機構、 (株)クリエイトシステム、 (有)ビーワン、(株)メビウスなどである。しかし、これらの会社は表には出ないので、一般には詐欺集団の会社であることはわからない。板倉事務所がこれらを知ったのは内部を知る人からの情報提供があったからである。そして、これらの下に、新聞広告を出し、会員を募集する、いわば詐欺の入口とも言うべき競馬情報詐欺会社(子会社)が70~80社ある(解散した会社も含む)。なお、料金収納代行会社も現時点で少なくとも16社はある。
 以上の会社は会社登記をしており、板倉事務所が把握しているだけで、100社ほどになるが、この他に、既に述べた、郵便物やチラシに名前が書かれているだけの情報社(登記なし、専用の事務所なし、専任の職員なし、専用の銀行口座なし)が無数にある、という具合である。

①~⑫は全て同じ人間たち(詐欺集団)がやっているのです。必ずしも一人の人間が親会社をつくり、その親会社が全ての子会社に100%の出資をしているわけではないようですが、複数の幹部が複数の親会社を作り、その下に各部門を担当する子会社を作り、さらに、社員の名前を使ったり、場合によっては知り合いに呼びかけて競馬情報詐欺会社や料金収納代行会社を作り上げていくという手法のようです。つまり、全体が「競馬情報詐欺」という一つの目的に向かって協力し合うグループが形成されているのであり、その首謀者が
増山記透であり、一部の幹部であり、10年以上に渡りそれを支え続けているのが弁護士の長谷川純(東京弁護士会所属)です。
 弁護士の長谷川純は詐欺行為をしていることを十分承知しながら、詐欺を認めず、事実に反する主張をして詐欺集団を擁護し続けています。たとえば、「情報元に料金を払っているから会社の利益は少ない」と主張しますが、情報元など存在しないのです。作り話です。また、肉眼では読めないような小さな文字で書かれた「利用規約の中に、必ず的中するものではない、と書いてあるから、気がつかなかった被害者にも過失がある」と主張します。しかし、この文言は、全レースで万馬券が出たとする的中実績や、「必ず的中します」と述べるセールストークとは明らかに矛盾していますし、そもそも会員に読ませるためにかかれたものではありません。利用規約は目につかないように、そっと封筒に忍ばせたものです。これをもって過失があるというのは間違いです。あるいは情報社が何十社も登場する事案では、それら何十社もの代理人であるかのような肩書を付けてきますが、名前だけの情報社の代理人などあり得ないことです。
 また、最近では、情報を貰う前なら解約できる、と説明するようですが、被害者はすっかりだまされているのですから、非現実な言葉です。また、情報を渡す前に、「必ず当たることは保証できない」と伝えているから責任はないと主張しますが、情報料を払ってしまったあとで、そのようなことを言われても意味がないことは子供でも分かります。これらのことを弁護士の長谷川自身が主張するのですから、詐欺集団と一体であると言わざるを得ませんし、長谷川がアドバイスをしてそのようにさせていると言ってもよいと思います。
 このような詐欺集団の行為は
故意不法行為に当たり、過失相殺は認められるべきではありません。また、長谷川純はかつて私に、「200人の予想家を擁してまじめに研究しているから、現場を見に来て欲しい」といいました。しかし、200人がまじめに研究したら、必ず当たる買い目が分かるというのでしょうか。詐欺師達は「必ず当たります」と言っているのです。200人であろうと200万人であろうと、スーパーコンピューターを使おうと、必ず当たる買い目など予想できないことは明らかであり、このような子供だましのことを真顔でいうので、呆れてものが言えなかったことを思い出します。それが弁護士の長谷川純です。
 なお、世の中には、弁護士は間違ったことを言わない。弁護士が言うのだからそのとおりなのだろう、と考える人もいるようですが、
長谷川純のような詐欺師と変わらない弁護士もいるのです。 2015/7/30
   
現在、増山記透・長谷川純グループに請求中の事案
 事例351   事例352    事例354
 その他の被害相談
   
騙し取った情報料は全額返すのが当たり前です。
 新聞広告を見て登録すると、「全国の情報社を束ねる凄い情報社がある」と言って「架空の情報社」のパンフレットを送り付けてくる。パンフレットには、代表者や役員の顔写真も名前も載っているが全て架空の人物のもの、内容は全て作り話、すなわち嘘。「ほとんど全てのレースで万馬券があたった」「1ヶ月で数千万円もの配当を得た」という的中実績は捏造。一方、電話で熱心に勧誘する社員(詐欺師)は「これは事実です」「ですから次もこのようになることは間違いありません」と言って、毎日、この素晴らしい情報を買うようにと説得してくる。パンフレットは最初だけではない、速達郵便が毎日のように届くのである。
 なお、この詐欺組織と付き合っていると、郵便が毎日のように届き、100通、500通、中には1000通を越える場合もあるが、全体として話がうまくつながっていて違和感があまりない。その創作力、文章力は驚くほどのものがある。1通の中に平均15ページの文書があるとすると、100通なら1500ページ、200通なら3000ページ、1000通なら1万5千ページであり、本当に関心するほどの文章力なのである。
 おきまりのセールストークは「必ず当たります」「これまでの損害は必ず取り戻せます」「あなたにだけ特別に与えられる権利です」「1ヶ月で何千万円にもなります」「○○様に幸せになって頂きたくて頑張っています」「一生に一度のチャンスですからこれを逃さないで」「○○氏がこの凄い権利をあなたに譲りたいと言っています」などなど。これをおそらく200人を越える社員(詐欺師というべきでしょう)をかかえて、組織的、計画的に行う。これが犯罪でなくてなんでしょう。これまでに刑事事件になっていないのは、うるさい相手とは上手に和解することでもみ消しているからです。そこで活躍しているのが
長谷川純弁護士です。相手を殴り怪我を負わせれば間違いなく傷害罪ですが、上手に和解すれば刑事事件にならないのと同じことです。
 このようにして奪われた情報料はもちろんのこと、当たるはずがない買い目を教えられて使った馬券代も、欺されたことによって生じた損害ですから、倍賞するのが当たり前でしょう。しかし、日本情報機構は、だましてはいない、嘘をついてはいないと言い張り、小さな的中があれば、当たったではないかと言い立て、減額を要求してきます。また、的中がなければないで、「あたなの側にも過失がある」と言い張り、過失相殺、つまり減額を求めて来ます。何が行われているかを何もかも知り尽くした
長谷川純弁護士自身がそれを言って来るのです。かつては被害者本人が口頭で返金を求めた場合は、全く受け入れられないことも少なくありませんでした。ですから返金請求の文書作成の依頼がありました。数年前からは本人からの返金請求にも対応するようになりましたが、全額を返金してくるわけではありません。被害者と担当者、被害者と詐欺集団の相談窓口、被害者と長谷川純弁護士という風に段階があり、できるだけ初歩の段階で諦めさせようとしているのは明らかです。
 この詐欺集団はある程度は返金してきます。しかし、100万円だまし取って50万円返しても50万円の利益があります。1千万円だまし取って500万円返しても500万円の利益があります。
返金したように見せかけて、実際はだまし取っているのです。被害者は損をしたままです。これを繰り返せば、日本情報機構は丸儲けです。組織的に意図的に詐欺を働く側が常に利益を上げ、被害者は皆、損を被ったまま終わる。こんなことが許されていいはずはありません。100万円盗んだ泥棒が、「どろぼうするにも必要経費がかかっている」「取られた側にも過失がある」「だから50万円でいいにしろ」とは言えないように、だまし取った物は全て返すべきでしょう。そして、故意に損害を与えた馬券代も返すべきでしょう。
 だまし取った金員の一部を返すことで、この詐欺集団は10年以上も行き続けてきました。今なお元気です。その強い協力者が長谷川純弁護士です。
 この詐欺集団には、10年も前から東京弁護士会の長谷川純弁護士が加担しています。彼は詐欺集団の作り話をそのまま踏襲して、全国の情報元に料金を支払っているので会社の利益は少ないなどと主張します。しかし、情報元などいないのです。作り話です。また、かつて長谷川純弁護士は、200人の予想家を擁してまじめに予想しているからその現場を見に来て欲しいと私に言いました。しかし、詐欺師達の話は「必ず的中する買い目を教える」ということなのです。200人はもちろん、200万人の予想家が予想してもそのようなことはあり得ないのです。弁護士までがこのような子供だましのことを言うとは、私には信じられない思いでしたが、詐欺集団に取り込まれた長谷川純弁護士は、最早理性が効かないのでしょうか。このように長谷川純弁護士もまた、この詐欺集団の中の一員であり、共犯であり、共同不法行為者と言うべきでしょう。2013/07/12 
 
0、最近気になること
最近、次のような話を聞きました。
増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)の元社員と名乗る者から電話があって、「自分が返金請求すれば全額戻ってきます。そのかわり3割を手数料として頂きたい」と言って来たのでまかせると、支払った情報料のうちおよそ7割を先に請求し、それについては全額返金されることになったが、和解契約書の中に、「これ以外には債権債務はない」(これはよくある文言)という文言が入っていたというのです。もしこれが本当であれば(電話相談なのでどこまでが事実かはわかりません)、残り3割については債権を放棄(請求権の放棄)したことになってしまいます。その結果、本人の手元に戻ってくるのは、7割の7割、つまり全体の5割弱ということになります。
 増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)は自作自演を得意とする詐欺集団ですから、高額の情報料を払った会員とのトラブルを都合良く処理するために、自分たちの方から働き駆けて、このように処理して、まんまと一部の返金だけで責任を逃れるということは考えられないわけでないでしょう。2014/12/8
1、はじめに
 
 犬畜生にも劣る増山記透・長谷川純グループ=日本情報機構(ビッグウイン)の人間達がどういう顔をして詐欺行為を続け、日常生活を送っているかは、私は全く知りません。しかし彼らがどのような詐欺行為を続けてきたかは、おそらく外部の人間の中では最もよく知っている者の1人ではないかと思います。だからこそ、その1人の責任として、証言しなければならないと考えてこのページを作成しています。その先に目指すものは、増山記透グループの解体です。
 このホームページを見た被害者の方が、騙されていることに一日も早く気がつくことを願っています。また、だまされずに済むことを願っています。さらには、詐欺会社とは知らずに就職して嫌な思いをする人が1人でも減ることを願っています。また、一般の会社がしらずしらずの内に、この詐欺集団に協力したり利用されたりすることがないことを願っています。
 「詐欺まがいの商法」という言葉がよく使われます。「詐欺まがい」の意味がよくわかりませんが、「人を欺いて財物を交付させ」(刑法246条)れば詐欺罪です。捏造した的中実績その他の作り話を信用させて金員(金銭)を詐取すれば、それで詐欺は成立です。
 2013/05/02 改2014/9/23
 
2、日本情報機構の理解に役立ちます 

古い映像ですが、今でも参考になりますので載せてみました。
ビデオに出てくるB社は増山記透グループ=日本情報機構(ッグウィン)のことです。   2013/04/17
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 その1
You Tube 競馬情報詐欺の実態 2008年6月6日(金)朝日放送(ABC)「ムーブ!」 その2  
 
3、最近活動している、増山記透グループ親会社&子会社及び事実上の顧問弁護士   2014/9/29現在   

 子会社である情報社は新聞広告を出し、かつ、顧客にその名で郵便物を送ってきますから、顧客(被害者)はその名前も存在も知ることができます。また、、一般社団法人 日本情報機構については、情報社から届くダイレクトメール(DM)の封書にその名前が書かれていますから、顧客(被害者)はその名を知ることができます。さらに、競馬情報無料相談室 や競馬情報倫理委員会の名前も送られてくる詐欺会社の書面に書かれていますし、ホームページもありますから、顧客(被害者)はこれらの名前もまた知ることができます。しかし、詐欺集団の親会社や特定の部門を司る会社
((株)保 (たもつ)、(株)モノリス、(株)ISCその他)
については、どこにもその名前が出てこないので、顧客(被害者)が知ることはできません。板倉事務所がこれを知っているのは、内部の人たちからの情報提供があったからです。1社1社登記をとっていくとその関連性が見えてきます。
 2015/6/5
  
        
実質的経営者(首謀者) 設立から現在まで同じ    増山記透    
       
詐欺組織を支える弁護士 平成19年から加担している 長谷川純 東京弁護士会会員 
  平成21年から加担している  井筒大介 東京第二弁護士会会員
       
Ⅰ 詐欺集団の新旧親会社  各詐欺情報社の簡単な説明  代表取締役、他 設立年月日 
(旧)(株)アドラス  このページ最下方参照    増山記透 ●
増山邦夫
祢津 実 
姫田和彦 ●
森川 暁  
平成7年10月20日
平成13年4月12日、移記、登記簿閉鎖。
平成14年12月3日解散

増山記透・姫田和彦は現在もしくは最近まで(株)保の役員 
(旧)(株)ビッグウイン(世田谷)  このページ最下方参照   寺薗央教
松﨑貴幸
齋藤忍
原正夫
藤本章
遠藤孝弘
小林一正
藤原秀治
小檜山聡
 
平成11年11月15日
平成23年3月9日清算結了
(旧))(株)ビッグウイン(目黒)  このページ最下方参照       平成14年4月18日  
平成15年9月5日清算結了
(株)保 (たもつ) ●

(株)保 (たもつ) のホームページへリンク
分裂後の新・親会社 1 
(株)保 (たもつ)の説明 
増山記透 ●
姫田和彦
 ●
藤原秀治 
西山正樹
岩片古志郎  
平成21年10月1日
藤原秀治は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員
姫田和彦は旧(株)アドラス の役員
(有)ドリームパイレーツ
のホームページ
 
(有)ドリームパイレーツの説明 増山桂一郎 平成14年5月31日 
(株)モノリス  分裂後の新・親会社 2  
(株)モノリスの説明 
関連ページ1へリンク     
関連ページ2へリンク
 
資料1   資料2
松﨑貴幸
上原卓哉
河島嘉仁
  
従業員57名
平成20年9月5日 

松﨑貴幸は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員 
(株)ISC  分裂後の新・親会社 3
(株)ISCの説明  
関連ページ1へリンク 
資料1   資料2
生野修
佐藤孝洋
千葉茂樹
  
従業員52名
平成20年9月3日  
(株)ケイディエス  分裂後の新・親会社 4        
       
Ⅱ 詐欺集団の1部門を司る会社群    代表取締役その他、 
既に退任した場合も載せています。
設立年月日
商号変更年月日 
リンク先はそれぞれの詐欺会社のホームページです。          
(株)オウシュンカイ
(株)システム
(株)システムのホームページへリンク  
(株)システムの説明 
関連ページにリンク 
北山勝男 
吉田圭介   
平成27年7月24日商号変更
平成26年6月10日
 
DAIJI(株) ● 営業社員の募集をしている。
DAIJI(株)の説明  
関連ページ1へリンク   
関連ページ2へリンク
遠藤孝弘  
生野修
社員15名
平成24年7月24日  

遠藤孝弘は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員
(株)M&C 

競馬情報無料相談室 へリンク
競馬情報総合相談センター(代表幹事・石川洋一)との関係は不明
(株)M&Cの説明 
石川洋一  平成23年7月4日 
(株)喜作 ●

 通称 (株)KISAKU 
ウェブサイト作成の社員を募集している。
(株)喜作 の説明 
関連ページ1へリンク  
関連ページ2ヘリンク   
関連ページ3へリンク  
関連ページ4へリンク
 

関連ページ5へリンク((株)喜作)  
中野英彦 ●
野林晋一
千葉大地

従業員22名
平成20年9月5日
一般社団法人 日本情報機構 へリンク 郵便物送付の為の道具
(住所のない)情報社から郵送の委託を受けたように見せかけるために設立
一般社団法人 日本情報機構の説明 
藤本章
石塚玄
吉田賀和
遠藤孝弘 
平成19年1月11日

藤本章、遠藤孝弘は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員
(株)クリエイトシステム  へリンク ● 人材派遣会社を装い、詐欺集団で働く社員アルバイトを募集
(株)クリエイトシステムの説明
資料1  
石塚玄

従業員155名
平成18年10月26日 
(有)ビーワン  ● 詐欺集団の郵便物(DM)発送作業 
(有)ビーワンの説明 
関連ページへリンク 
資料1 
千葉大地
増山邦夫
 
平成17年10月3日 
増山邦夫(旧)(株)アドラスの役員
(株)メ ビウス  へリンク ● 詐欺集団の顧客名簿管理
(株)メビウスの説明 
原正夫
齋藤忍 
根本貴之 
平成17年1月21日
原正夫、齋藤忍
は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員 
  (有)フルハウス ●
    ↓
  (株)フルハウス
    ↓
  (株)ぽっぽビート 

(株)ぽっぽビートのホームページ  へリンク 
 (株)ぽっぽビート=(株)フルハウスの説明     濵田拓郎
****
遠藤孝弘
瀬下雅博
濵田拓郎
小林一正
****
藤原秀治
濵田拓郎  
平成15年4月1日有限会社
平成18年10月16日株式会社に組織変更
平成27年3月12日商号変更

遠藤孝弘小林一正藤原秀治は旧(株)ビッグウイン(世田谷)の役員 
番外
「競馬情報総合相談センターへリンク
相談に応ずるのも同じ詐欺師たち。自作自演の相談所です。 石川洋一    
番外
「競馬情報倫理委員会」 へリンク
相談に応ずるのも同じ詐欺師たち。自作自演の倫理委員会です。        
           
Ⅲ 現在活動中の競馬情報詐欺会社
(全体については下方をご覧下さい)
各詐欺情報社の簡単な説明  代表取締役  設立年月日 
リンク先はそれぞれの詐欺会社のホームページです。  まだ、新しい会社を作っている
2016.4.25
 
   設立順に並べています。商号変更をした場合は、その時点を基準にしています。 
               
30 (株)ももいろ同好会  (株)ももいろ同好会の説明  塩 孝春  平成28年5月12設立 
29 (株)なないろ  (株)なないろの説明    内田圭介 平成28年2月22設立  
28 (株)馬心
   (旧) (株)ウマクラ ● 
(株)馬心の説明 
新聞広告 
増井直人 ●  平成27年7月2日商号変更
平成24年6月6日設立  
27 (株)ティアラ 
  (旧) (株)ジャパンクラシック
(株)ティアラの説明 新聞広告  佐藤和広    平成27年5月26日商号変更
平成26年5月22日設立
26 (株)無壁(むかべ) ●  (株)無壁(むかべ)の説明    米川貴之  ●  平成27年3月18日  
25 (株)ウマゾー       ●
  (旧) (株)百万馬力 へリンク 
(株)百万馬力 の説明   祝 真人 ●
橘内雄樹  ● 
平成27年2月18日商号変更
平成22年11月24日   
24  (株)ターフの花束
  (旧) (株)単勝トップ
  (旧) (株)どさんこホットライン
(株)ターフの花束の説明  新聞広告   金井輝明
川渕慶介
三ツ矢泰洋 
平成26年12月21日変更
平成25年11月1日変更
平成24年4月19日設立  
23 (株)華組(ハナグミ) ●
   (旧) 日本馬匠(株) 
(株)華組、日本馬匠(株) の説明 
新聞広告 
パンフレット 
服部晃  ●  平成26年1月8日商号変更
平成23年11月10日設立 
22 (株)トレジャーNavi へリンク 
    閉鎖2015.12.8確認
(株)トレジャーNaviの説明 
新聞広告 
佐藤孝洋
(株)ISC役員

飯沼心司 
平成25年11月20日  
21 (株)スペシャルステージへリンク (株)スペシャルステージの説明  千葉茂樹
(株)ISC役員
平成25年8月21日 
20 白馬のつどい へリンク 白馬のつどい の説明 ×  法人ではない模様
19 (株)宝星   
   (旧)白椿(株)
(株)宝星の説明  新聞広告  小原尚之   平成25年7月1日商号変更
平成18年12月28日   
18 (株)ベストスポーツ

   (旧) (株)激熱
   (旧) (株)激熱倶楽部
 
(株)ベストスポーツ の説明  井野正宏

佐藤文彦
平成25年5月22日商号変更
平成23年1月17日商号変更
平成22年12月9日  
17 (株)イッセン へリンク  
   (株)筆頭情報評議
(株)イッセン=一戦 の説明   吉田圭介
吉田修
平成24年7月22日商号変更
平成23年11月10日
16 (株)ホンリュウ へリンク (株)ホンリュウの説明    松永猛 平成24年6月7日 
15 (株)さくら通信 へリンク ● (株)さくら通信 の説明 
新聞広告 
事例 351 
岡本剛志 ● 平成24年5月10日  
14 (株)GRAN5 閉鎖?2014.06.13 (株)GRAN5 (グランファイブ) の説明  菊地恵一  平成24年2月29日 
13 (株)ひだりうま へリンク (株)ひだりうま の説明 鶴田雅士   平成24年1月6日   
12 (株)全競OB界    (株)全競OB界 の説明    
事例 351   
正城純哉     平成23年11月10日  
11 (株)ダビプロ へリンク (株)ダビプロ の説明   正城純哉   平成23年10月24日 
10 (株)府中の母 ヘリンク 
    
閉鎖2015.12.9確認
(株)府中の母 の説明 新聞広告 笹野康也
飯沼心司 
平成23年10月21日
9 (株)決勝 へリンク 
   閉鎖2015.12.8確認
(株)決勝 の説明  新聞広告  前原貴志 平成23年6月3日 
8 (株)MUHAI へリンク (株)MUHAI の説明        菊地恵一  平成23年3月3日  
7 (株)イダテン ヘリンク   ● (株)イダテンの説明  宮下信一  ● 平成23年2月9日 
6 サラブレッドプロ(株) へリンク サラブレッドプロ(株) の説明   増井直人  平成22年7月8日  
5 (株)優駿ナビ へリンク (株)優駿ナビ の説明  川渕慶介  平成22年6月11日 
4 (株)ハッピーチケット へリンク 
   閉鎖2015.12.8確認
(株)ハッピーチケット の説明  菊地恵一  平成22年3月2日 
3 (株)ジャパンブリーディングクラブ   へリンク (株)ジャパンブリーディングクラブ の説明
岡本剛志  平成21年12月10日 
2 (株)ホースレディース へリンク 
   閉鎖2015.12.8確認
(株)ホースレディース の説明 
パンフレット 
事例 351  
福島正彦  平成21年6月19日 
1 スクウェアプロジェクト(株) へリンク スクウェアプロジェクト(株) の説明 山本謙介
小原尚之
井野正宏  
平成21年4月22日 
              
Ⅳ 自作自演の料金収納代行会社       
※金融庁へは、日本情報機構(旧(株)ビッグウィン)の悪事についてくり返し情報提供をしてきました。そのせいかどうかわかりませんが、競馬情報詐欺会社自身の銀行口座を開きにくくなった可能性が考えられます。         
詐欺の道具料金収納会社 詐欺の道具、収納会社の簡単な説明   代表取締役・役員 設立年月日 
リンク先はそれぞれの詐欺会社のホームページです。 下記多数の会社が関わっています。
事例 351
   
      
20 (株)プロダクトシステムズ   (株)プロダクトシステムズの説明  五十嵐 俊  平成27年8月4日 
19 (株)クローバーシステム  (株)クローバーシステム   今野雄太  平成27年6月18日 
18 事務通(株) 事務通(株)の説明 
事例 351 
宮井雅也  平成26年12月22日
17 ビジネスプライム(株)  ビジネスプライム(株)  山本賢一郎  平成26年2月21日 
16 あいだサポート(株) へリンク あいだサポート(株) の説明   
事例 351 
小檜山聡
(株)ビッグウイン役員
平成25年12月26日
15 ビオラ総合代行(株) へリンク ビオラ総合代行(株) の説明 山本賢一郎  平成25年10月1日  
14 (株)KDコンサルティング へリンク (株)KDコンサルティング の説明  
※振り込め詐欺救済法で口座が凍結され公告されたことがある。
事例 351 
柏木一宏  平成25年8月21日  
13 (株)ビルコインズ へリンク (株)ビルコインズ の説明  二瓶健一   平成25年7月17日 
12 (株)BZパートナーズ
 (ビーゼットパートナ
ズ) へリンク
(株)BZパートナーズ の説明  二瓶健一 平成25年4月16日   
11 ペイリックス(株) へリンク ペイリックス(株) の説明   小檜山聡
(株)ビッグウイン役員
平成25年4月3日  
10 (株)ペイシステム へリンク (株)ペイシステム の説明  本木規晴 平成25年3月12日
9 あさがおマネジメント(株) へリンク あさがおマネジメント(株) の説明   
※振り込め詐欺救済法で口座が凍結され、公告の後、分配手続に入った。
二瓶健一  平成25年2月13日 
8 (株)コレクトシステムズ へリンク (株)コレクトシステムズ の説明  飛松広高  平成24年11月13日 
7 ペイメントサポート(株) へリンク ペイメントサポート(株) の説明   柏木一宏  平成24年8月22日  
6 収納カスタムサポート(株) へリンク 収納カスタムサポート(株) の説明   飛松広高  平成24年4月16日 
5 (株)あんしんペイサービス へリンク (株)あんしんペイサービス の説明   飛松広高  平成24年4月10日 
4 収納受託サービス(株) へリンク 収納受託サービス(株) の説明 
※振り込め詐欺救済法で口座が凍結され公告されたことがある。
後藤 宝  平成24年2月23日   
3 コレクト代行(株) へリンク コレクト代行(株) の説明   後藤 宝  平成24年2月15日  
2 (株)キャッシュコンサルタントへリンク (株)キャッシュコンサルタント の説明 
※振り込め詐欺救済法で口座が凍結され公告されたことがある。  
後藤 宝 平成23年11月9日   
1 GSP収納代行(株) へリンク GSP収納代行(株) の説明 
※振り込め詐欺救済法で口座が凍結され公告されたことがある。
後藤 宝 平成23年11月2日 
        
4、典型的な詐欺の小道具としてのパンフレット and 新聞広告
ジェイド(株)のパンフレット 
00  01   02  03  04 05  06  07  08  09  10  11  12  13 
蹄榮」のパンフレット 
01/02   03/04  05/06  07/08  09/10  11/12 13/14   15/16  17/18
名前だけの情報社
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   
名前だけの情報社   (株)華組  盟優リーディング(MEIYU LEADING)    
名前だけの情報社    (株)ホースレディース 日競優駿(NIKKEI YUSHUN)    
名前だけの情報社    (株)ティアラ 日競レースクラブ(NIKKEI RACE CLUB)   
5、(株)ビッグウイン系、今は日本情報機構系、その名前の由来      日本情報機構の事務所外観
  
 かつて(株)ビッグウインという会社があり(世田谷区と目黒区、計2社、以下、世田谷の(株)ビッグウイン目黒の(株)ビッグウインと呼びます)、その下に作られた多くの子会社が競馬情報詐欺を働いていました。子会社は有名スポーツ新聞に全面広告を出しますから、多くの人(顧客=被害者)が知っています。たとえば昔なら馬券長者(株)とか一点的中(株)などがそれです。
 しかし、(株)ビッグウインの名前は新聞にも、送られてくるパンフレットやチラシにも載っていませんから、顧客(被害者)は知りませんし、この会社が競馬情報詐欺会社の親会社だと知る人は世間でもほとんどいなかったでしょう。私がこの会社の名前を知ったのは、2008年6月に朝日放送が(株)ビッグウインについて放送した際、事前に取材を受け、その時ディレクターの方が教えてくれたからです。
 その後、首謀者の別の反社会的行為が明るみに出たため、(株)ビッグウインという会社は解散しましたが、詐欺集団自体はそのまま残り、競馬情報詐欺は続けられました。そこで、かつての(株)ビッグウインという名前と、その後詐欺集団から送られてくる郵便物に必ず書かれるようになった「一般社団法人 日本情報機構」の名前から、私はこの詐欺集団を日本情報機構(ビッグウイン)と呼ぶことにしました。
 さて、私は長い間、このグループが詐欺行為を止めることを期待しつつ、このホームページで情報を公開し続けてきましたが、一向に止む気配がありません。一時活動が目立たなくなった時期もありますが、その後また増えてきました。そこで、なぜ、この詐欺集団はいつまでも詐欺を続けていられるのかと改めて考えると、その大きな理由の1つに、首謀者の名前が公表されていないことにあると思いました。どんなに子会社及びその役員の名前が公表されても、首謀者自身の名前が公表されない限り、首謀者には痛くも痒くもないことなのでしょう。そこで、2014年7月頃、敢えて実質的経営者(首謀者)である増山記透の名前を公表することにし、同時にこの詐欺集団を、増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)と呼ぶ事に致しました。ちょうどその頃、(株)ビッグウインに代わって出来た親会社の名前がわかったこともありました。(株)ISC、(株)モノリス等です。また、グループ全体の各部門を司る会社もこのころ分かりました。(株)クリエイトシステム、(株)メビウス、(有)ビーワン、DAIJI(株)、(株)喜作、(株)M&Cなどです。これらの会社は顧客(被害者)にはわかりません。新聞広告やチラシ、パンフレットのどこにも記載されていないからです。これらは関係者しか知りませんし、私も内部関係者からの情報提供で知りました。登記をとると、間違いなく関係会社であることがわかりました。(2014/9/23)
 そして2015年に入り、親会社の1つである(株)保 (たもつ)や、(株)ぽっぽビート=(株)フルハウスなどの会社の存在もわかりました。首謀者の増山記透は(株)ビッグウインにも、その後の親会社にも、一切名前を出していなかったのですが、ようやく(株)保 (たもつ)の中に見つけることができました。
 ところで、2012年頃、この詐欺集団から、複数の弁護士を介して、既に解散した会社(本体及び子会社)については役員の名前等をホームページ上から削除するべきだと要求して来ました。その理由として、会社が解散している以上、会社の責任は問えないはずだとか、返還請求にはこれまで誠実に対応してきている、などを上げていました。
 しかし、会社が解散しても役員や社員の個人責任がそれで消滅するわけではありません。
責任の消滅時効期間は、不法行為は3年間、債務不履行は10年間です。そしてもっと大切な道義的責任はさらに続きます。また、返還請求には誠実に応じて来ていると言いますが、全ての人が詐取された金員を返金されたわけではありません。騙されたことに気がつかない人、騙されたと思っても、どうせ戻ってこないとはじめから諦めてしまった人、返してくれと言ってはみたものの、できませんと言われて、諦めた人、専門家に頼みたくても費用が払えずに諦めた人、それぞれ大勢いるはずです。私が相談を受けた人は氷山の一角にすぎないはずです。そもそも、だまし取った金員を全員に全額返金していれば、とっくにこの詐欺集団はつぶれているはずです。それが10年以上も多数の社員を抱えて生き延びているのですから、返金していない証拠です。
 この集団がしていることは詐欺(故意による不法行為)です。返金請求した人に返せば良いという次元の話ではなく、このような行為は直ちに止めなくてはならないはずでしょう。
 なお、後述しますが、解散した(株)ビッグウインあるいは子会社の代表取締役や取締役であった者の中に、現在活動中の会社の取締役をしている者が何人もいるのです。一覧表をみて頂けばおわかりだと思います。よくもまあ、もう解散したから責任がないなどと、言えたものです。特に長谷川純弁護士の場合は、10年以上この詐欺集団一緒に行動しているわけですから、A社の役員を辞めた人物がB社の役員をしていることなど承知しているはずです。生涯にたった一度の罪を犯してしまった人を縁あって弁護する弁護士の場合とは違い、長谷川純弁護士は詐欺集団と共に歩んで来たのです
 思い出せば、私が初めて返金請求の文書を書いた相手は(有)ルート235という会社でした。その後何もなく、1年半後に同じ会社に返金請求の文書を送ったことがありました。すると長谷川純弁護士から連絡があり、このようなよくない会社はすぐに解散させますと私に言いました。良識のあるよい弁護士さんだと思いました。ところが、その後、被害の声が増え出し、A社、B社、C社と続けざまに返金請求の文書を送ると、そのほとんどの会社は長谷川純弁護士から返事が来たのです。なんだこれはと最初は驚きましたが、まもなく気がつきました。同じ詐欺グループがいくつも会社を作り、名を変えて詐欺行為をしていたのです。そして、その返金請求に一手に対応していたのが長谷川純弁護士だったのです。確か私はその前に、「
競馬情報詐欺の被害者が大勢います。その方達の為に力を貸して貰えませんか」と尋ねたことがあるのですが、「私は競馬情報会社の側にいるので、できません。必要なら知り合いの弁護士を紹介しましょう」と言われました。そのときはまだ、長谷川純弁護士がこのグループと切っても切れないほどの深い関係にあることは知りませんでした。私自身、随分人を見る目がなかったと、反省しました。
 さて、話が前後しますが、解散した会社、特に役員の名前の削除を求められたちょうどその頃、被害の声をあまり聞かなくなったこともあり(今思えば2011、2012年ごろか)、古い情報を整理する意味もあって、日本情報機構系会社の一覧表(会社名、役員名など)を一度削除致したことがあります。ところが、しばらくすると、またまた被害の声を聞くようになり、中には1千万円、2千万円だましとられたというものもありました。夫が騙されているという妻からの相談や、妹が騙されているという兄からの相談など、その他いろいろですが、受任しなかったものについてはその後どうなったかは分かりません。
中には鬱病が悪化してとても返金請求の手続ができる状態ではないと訴える人、あるいは自暴自棄になって生きる気力さえ失っているような人、破産手続をしているから待って下さいと言ってそれきりになった人など、いろいろです。人を騙して平気でいる犬畜生のような人間達にこのことの意味が分かるでしょうか。そして、2013年の4月頃には、この詐欺集団は私が知る限り少なくとも7つの子会社がホームページを開設して相も変わらず犯罪的詐欺行為を繰り返していていることがわかりましたので、少し整理した上で、再度役員名を掲載することに致しました(2013.4)。

 そしてさらに1年が過ぎた今(2014年7月時点)、
競馬情報詐欺会社が19社ほど、収納代行会社が15社活動しています。合計30社を越えますが、明らかに増えていることになります。特に収納代行会社を詐欺の道具として使うようになってからは、勢いを増したような気がします。 この詐欺集団の名前だけの情報社は無数にあり、かつては個人名の口座に情報料を振り込ませていましたが、料金収納代行会社を使うことで、人の目を欺きやすくなったのでしょう。

 くり返しになりますが、会社が解散しても役員や社員の責任は消えません。また、多くの被害者の方が泣き寝入りをしていることは、増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)が相変わらず存在しているという事実から、明らかです。詐取した莫大な金員が会社の側に残っているからこそ会社は長らく存在し、多くの社員を養うことができるのです。返すべきものを返していれば、会社が存在できるはずはないのです。また、この詐欺集団の事実上の代理人弁護士である長谷川純弁護士も共同不法行為を問われてしかるべきだと私は考えます。一日も早く、このような犯罪行為を止めるよう求めます。

2014/7/3
※上記の文章は時々部分的に書き換えるため、書き換えたカ所に日付を入れている場合があります。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
 すでに解散している2つの(株)ビッグウィン(その後も一般社団法人 日本情報機構の名前で競馬情報詐欺を継続中)

 ※役員の個人住所は全て会社登記の記載から引用しています。
 会社登記はだれもが理由のいかんを問わず取得することができるものですから、公開してもよいという考えに基づき公開しています。請求が必要な方はこれをもとに新しい住所を調べて頂くとよいかもしれません。


 Ⅰ.旧親会社 (株)ビッグウィン 2社

 1、世田谷の(株)ビッグウイン


 有限会社ビッグウィン 平成11年11月15日設立
      ↓        世田谷区太子堂三丁目25番9号
               世田谷区太子堂一丁目4番33号 
 株式会社ビッグウィン に組織変更 平成13年8月1日
      ↓        実質的経営者 増山記透 (なかなか会社登記に名前を出さなかったが、(株)保 (たもつ)の
                                 中に出てくる)

               代表取締役 金子博行 
               代表取締役 小林一正 ((株)フルハウス 役員)
               代表取締役 寺薗央教 (名前は出ないが現在も幹部として活動中の模様)
                  取締役 齋藤忍  ((株)メビウスの取締役)
                  取締役 遠藤孝弘 (一般社団法人 日本情報機構の監事/DAIJI(株)代表取締役
                                (株)フルハウス 役員))
                  取締役 松﨑貴幸 ((株)モノリスの代表取締役)
                  取締役 岸直幸
                  取締役 原正夫 ((株)メビウスの代表取締役)
                  取締役 藤本章 (一般社団法人 日本情報機構の元代表理事)
                  取締役 小檜山聡 (ペイリックス(株)、あいだサポート(株)の代表取締役)
                  取締役 菅原實
                  取締役 藤原秀治 ((有)フルハウス 役員)
     解散       平成20年9月12日
     清算結了    平成23年3月14日
               代表清算人 長谷川純弁護士 (現在も深く関わっている)

 2、目黒の(株)ビッグウイン

 株式会社ビッグウィン 平成14年4月18日設立
      ↓        目黒区青葉台三丁目10番1号
               代表取締役 金子博行 
     解散       平成15年6月30日
      ↓
     清算結了    平成15年9月5日    

 Ⅱ.新たな親会社  3~4社 
  世田谷の(株)ビッグウインが解散したころに、詐欺集団が分裂して少なくとも3つの親会社ができた模様です。
  ※会社は隠れ蓑に過ぎず、詐欺行為の主体は結局個人ですから、個人住所を載せました。責任を自覚させるためです。
   なお、多くの詐欺会社がそうですが、首謀者や中心人物は表に名前を出さない(登記に名前を出さない)ことが多く、
   この詐欺集団も世田谷の(株)ビッグウインの時代には登記に名前が出ていましたが、今は出ていない人物がいる
   模様です。

 、(株)保 (たもつ)   平成21年10月1日会社設立
     本店  東京都港区虎ノ門四丁目3番20号神谷町MTル14階
    事務所  東京都世田谷区太子堂1-4-33 アークビル 8F
    事務所  東京都目黒区東山2-3-2 COM'S FORUM 6F (事務所はこちらか)
    元取締役 増山記透  (詐欺集団の首謀者)
    元取締役 
姫田和彦 ((株)アドラス 元役員)
    代表取締役 藤原秀治  (世田谷(株)ビッグウインの元役員)
      取締役 西山正樹 
      監査役 岩片古志郎
  

  2、(株)ケイディエス 
    被害者の方に届いた詐欺会社の代理人弁護士の文書に(株)ケイディエス代理人とありましたが、
    登記が未だにみつかりません。

  3、(株)ISC 平成20年9月3日設立        (株)ISCの説明 
   本店      東京都渋谷区南平台町7番9号
   本店(現在) 東京都渋谷区鶯谷町4番16号 
(郵便受けに社名が記載されている。2015年)
   
事務所    〒153-0042 東京都目黒区青葉台3丁目1−19 青葉台石橋ビル6階
           
(上記に事務所があるという情報が届いています。 2015/3/13)
    代表取締役 生野修   (競馬情報詐欺 (株)とくダネSportの代表取締役)
        住所 東京都渋谷区南平台町7番9号
            東京都目黒区青葉台三丁目6番28号
            東京都渋谷区鶯谷町4番16号
    取締役   佐藤孝洋  (競馬情報詐欺 (株)いろは的中サービスの代表取締役)
        住所 東京都世田谷区池尻四丁目11番1号 ((株)いろは的中サービスの登記より)
    取締役   千葉茂樹  (競馬情報詐欺 (株)スペシャルステージの代表取締役)
        住所 東京都世田谷区若林三丁目1番14号 ((株)スペシャルステージの登記より)
      ※増山記透グループの子会社の中にはすでに解散したものもありますが、その会社の代表取締役が、
        もう詐欺を働いていないどころか、親会社の取締役をしたりしているのです。

  4、(株)モノリス 平成20年9月5日設立      (株)モノリスの説明
    本店     東京都世田谷区太子堂三丁目37番1号
    本店(現在) 東京都世田谷区南烏山四丁目10番3号
 (郵便受けに社名が記載されている。2015年)
    事務所    
東京都渋谷区神山町22番16号 松濤神山町ビル3階
           (上記に事務所があるという情報が届いています。 2015/3/13)
   代表取締役 松﨑貴幸 (世田谷の(株)ビッグウインの取締役)
       住所 東京都世田谷区太子堂三丁目37番1号 (登記より)
           東京都世田谷区上馬二丁目8番15号  (登記より)
   取締役   上原卓哉 (競馬情報詐欺 みのりスポーツ(株)の代表取締役)
       住所 東京都渋谷区松濤(しょうとう)二丁目16番1号  (みのりスポーツ(株)の登記より)
           東京都渋谷区恵比寿西一丁目8番3-1302号室 (みのりスポーツ(株)の登記より)

   取締役   河島嘉仁


 Ⅳ.親会社とは別に、詐欺集団全体の業務の一部を司る会社

   それからこれらの親会社とは別に、詐欺集団全体の業務の一部を司る会社が見つかりました。
   これらの中には上記の新親会社ができる前に設立されたものもあります。番号は設立年月日の若い順です。

  1、DAIJI(株)   平成24年7月24日設立  DAIJI(株)の説明
   営業社員の募集をしているので、いわゆる「担当社員」の供給源か。
   本店  東京都目黒区目黒本町二丁目17番3号
   事務所 東京都目黒区青葉台2-3-1 青葉台小杉ビル
   代表取締役 
遠藤孝弘   (旧(株)ビッグウインの取締役/一般社団法人 日本情報機構の監事
      住所    (登記より)
            東京都渋谷区鉢山町11番1号 (一般社団法人 日本情報機構の登記より)
            東京都新宿区西新宿六丁目15番1-2903 
            東京都世田谷区北沢二丁目2番3号 


  2、(株)M&C   平成23年7月4日設立         (株)M&Cの説明
   競馬情報無料相談室のホームページを出しています。
   増山記透グループにはもともと自作自演のニセの相談室「競馬情報総合相談センター」があり、不的中続きの
   お客さんにチラシを送ってきて、是非こちらに相談して下さいと誘いかけてきます。この相談センターとどういう
   関係にあるのかは今のところ不明です。
   本店 東京都墨田区業平三丁目6番4号 
       東京都世田谷区池尻二丁目31番20号 
       東京都世田谷区池尻三丁目19番24号  202号
   代表取締役 石川洋一
      住所 東京都墨田区業平三丁目6番4-801号    (登記より)

  3、(株)喜作  通称(株)KISAKU   平成20年9月設立         (株)喜作の説明 
   ウェブサイト作成の社員を募集しているので、詐欺集団内各社のウェブサイトを作成する作業を司る会社かもしれません。
      本店 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目11番14号
     事務所 
東京都目黒区青葉台2-3-1 青葉台小杉ビル3階   DAIJI(株)と同じ
   代表取締役 中野英彦   ((有)雷電代表取締役)
       住所 東京都世田谷区三軒茶屋二丁目10番23号 (以下、(有)雷電の登記より)
           東京都世田谷区北沢二丁目8番4号
           福岡市中央区赤坂三丁目8番31-804号
           東京都渋谷区猿楽町24番7号 

  4、一般社団法人 日本情報機構  平成19年1月11日設立  一般社団法人 日本情報機構の説明
     詐欺集団の中の、登記のない名前だけの情報社から郵便物を顧客に送付する場合の道具として作られた社団。
     公益法人を詐欺に利用しています。
      本店   東京都目黒区中目黒二丁目10番5号 中目黒NKビル4F
   代表理事   石塚玄 ((株)クリエイトシステムの代表取締役)
      住所   東京都渋谷区代々木三丁目37番7号
            東京都渋谷区鶯谷町14番5-404号
      理事   吉田賀和
      監事   遠藤孝弘 (世田谷の(株)ビッグウインの取締役 /DAIJI(株)の代表取締役))

  5、(株)クリエイトシステム 平成18年10月26日設立   (株)クリエイトシステムの説明
   人材派遣会社を装い、各親会社や関連会社に人員を送り込むための会社
       本店  東京都目黒区東山3-6-16 石綿ビル3階
   代表取締役  石塚玄 (一般社団法人 日本情報機構の代表理事)
       住所   東京都渋谷区代々木三丁目37番7号
             東京都渋谷区鶯谷町14番5-404号

  6、(有)ビーワン   平成17年10月3日設立  (有)ビーワンの説明
   詐欺集団各社の郵便物を発送する作業を司る会社

       本店   東京都目黒区東山3-6-16 石綿ビル3階
   代表取締役 千葉大地
      住所   東京都世田谷区三宿二丁目16番17号
            東京都世田谷区三宿二丁目3番13号
            東京都豊島区要町一丁目13番12号
     取締役   増山邦夫 (増山記透が代表取締役を務める(株)アドラスの取締役)
            
  7、(株)メビウス 平成17年1月21日設立     (株)メビウスの説明
   詐欺集団の顧客名簿を管理する会社
       
本店 東京都目黒区東山3-6-16 石綿ビル3階
   代表取締役 原正夫  (世田谷の(株)ビッグウインの取締役)
       住所  東京都目黒区目黒三丁目20番4号 原正夫 (株)ビッグウイン
            東京都目黒区上目黒一丁目26番1号 原正夫 (株)ビッグウイン
            東京都目黒区上目黒三丁目34番12号 原正夫 (株)ビッグウイン
   取締役    齋藤忍  (世田谷の(株)ビッグウインの取締役)
   取締役    根本貴之

 8、(株)ぽっぽビート=(株)フルハウス=(有)フルハウス 
6、日本情報機構系のやり口

 登記している子会社の名前で、一流スポーツ紙に1面全部を使った広告を載せます。500円程度の登録料を払えば、万馬券が面白いほど当たる買い目情報を無料で上げますと言って、多くの顧客を募ります。
 登録すると、さっそく郵便物が届きます。中には立派なパンフレットが入っていて、驚かされます。そして電話と郵便で攻勢をかけられます。うっかり乗せられて、何十万円という情報料を払い、約束の情報をもらい始めると、間髪を入れずに、新たな情報提供の話を持ってきます。しばらくは、広告に名前を出している会社(入口の会社で、登記のある会社です)の名前で郵便物が届きますが、くり返し情報料を払うと、そのうちに、聞いたこともない情報社からダイレクトメールが届き始めます。封筒にも中身にも住所が書かれていません。そのかわりよく見ると、封筒に返送先として「一般社団法人 日本情報機構(昔は、有限責任中間法人日本情報機構でした)」の名前が書かれています。各情報社の郵便物を一般社団法人・日本情報機構が代わりに送付しているという建前です。
 「日本情報機構」はホームページを出していて、見ると、競馬情報会社が加盟する団体のようなことが書いてありますが、これは日本情報機構系の自作自演に過ぎません。独立した多数の情報社があって、それらが加盟する団体があるわけではなく、名前だけで住所のない情報社から郵便物を送る為に考えた、からくり(道具)と言っていいでしょう。
 このように詐欺の元締めたる親会社があり、その下に新聞広告を出す子会社が数十社あり、これらの会社は自分の会社名と住所を記載した郵便物を送ってきますが、それ以外に名前だけの情報社が何百社、もしかすると何千社もあって、これらには住所がないので、「日本情報機構」の名前で郵便物を送ってくるのです。これら住所のない名前だけの情報社の銀行口座は全て個人名になっていますが、法人化していない証拠です。また、個人名の口座は、なぜか「みずほ銀行」に集中しています。
 なお、2012年から「料金収納代行会社」が出現しました。これまでの個人名義の口座に代えて、料金を回収するための道具として設立された会社であると言っていいでしょう。従ってこれも自作自演の会社です。先日これらのうち3社の代理人弁護士から事実無根であるから削除するよう求める内容証明付郵便が届きましたが、代理人はもっとしっかり事実関係を調べるべきではないでしょうか。
 名前だけの情報社は多すぎて書き切れないほどです。顧客一人一人に専用の、情報社名を作って郵便物を送りつけてきているのではないかと思うほどに多いのです。その1つ1つに銀行口座を開くのは手間のかかることでしょうから、手間を省くという意味でも料金収納代行会社を作ったのかもしれませんね。
 登記された子会社も、古いものは解散させ、新しい会社を設立するという具合に、繰り返しています。
下方14に記載の各子会社は初めから詐欺を目的に設立したものですから、代表取締役はそれぞれ就任期間中の責任を負います。特に清算結了後は会社が消滅しますから、個人責任の重みはさらに増すと考えますし、多くの方が泣き寝入りをしています。2012/01/24
※「各子会社は初めから詐欺を目的に設立したもの」と書いたところ、確か、長谷川純弁護士から抗議の文書が届きました。この詐欺集団の社員たちは罪悪感がないようですが、長谷川純弁護士もまた同様でしょうか。
7、日本情報機構(旧(株)ビッグウィン)全体の構造

都内、某所、某ビルの中
すべてが1つなのです


                  日本情報機構(旧(株)ビッグウィン)の本体 
                        
登記のある
子会社A
登記のある
子会社B
登記のある
子会社C
登記のある
子会社D
登記のある
子会社E 
登記のある
子会社F 
登記のある
子会社G
郵便差出業務の道具
一般社団法人
日本情報機構 
  
新聞広告 新聞広告 新聞広告 新聞広告 新聞広告 新聞広告 新聞広告
集客  集客  集客  集客  集客  集客  集客 
電話攻勢  電話攻勢 電話攻勢 電話攻勢 電話攻勢 電話攻勢 電話攻勢 安心させる道具
  ニセの相談センター

競馬情報総合相談センター 
DM攻勢  DM攻勢  DM攻勢  DM攻勢  DM攻勢  DM攻勢  DM攻勢 
   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  安心させる道具
  ニセの委員会

競馬情報倫理委員会 
登記・住所なしの孫情報社  登記・住所なしの孫情報社 登記・住所なしの孫情報社 登記・住所なしの孫情報社 登記・住所なしの孫情報社 登記・住所なしの孫情報社 登記・住所なしの孫情報社
孫情報社 A1 孫情報社B1  孫情報社C1 孫情報社D1 孫情報社E1 孫情報社F1 孫情報社G1
孫情報社 A2  孫情報社B2 孫情報社C2 孫情報社D2 孫情報社E2 孫情報社F2 孫情報社G2 銀行に口座を開くのが難しくなったか、自前の料金収納代行会社
(株)ペイシステム
(株)あんしんペイサービス
その他
 
孫情報社 A3 孫情報社B3  孫情報社C3 孫情報社D3 孫情報社E3 孫情報社F3 孫情報社G3
孫情報社 A4 孫情報社B4  孫情報社C4 孫情報社D4 孫情報社E4 孫情報社F4 孫情報社G4
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・ 
  ・
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・ 
  ・
  ・
  ・ 
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・ 
  ・
  ・
  ・
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・ 
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
人によっては50社、100社と情報料を払い続ける
   
2013/05/02
上記補足説明
1、たとえば、子会社Aに登録しただけで、あとは危ないと気がついてやめた人は525円程度で済みます。
しかし、そのあと有料情報に手を出すと、A社だけでも40万円とか100万円程度になります。
さらに、孫情報社の情報まで買わされると、1社あたり10万円、20万円、50万円、100万円というふうに、次々に情報料を支払うことになります。数百万円払った方はざらにいます。1千万円を超えた方も私が知るだけで10人以上はいます。
 また、ほとんど全くと言って当たりません。少なくとも万馬券はほとんど出ません。稀には万馬券が当たることもありますが、確率程度と言ってよいと思います。従って、本当に、さっぱりあたらないというのが現実です。最初の1~2週間で、50万円、100万円、あるいは数百万円を、あっという間に失います。失うのは情報料だけではありません。当たると信じて高額の馬券代を張り込む方はさらに何十万円も失うことになります。分かっていて欺す。犬畜生のすることです。しかし、この詐欺集団の社員たちには罪悪感がありません。
2、下方の項目15に上げている子会社はおよそ60社ですが、同時に60社が稼働しているわけではなく、子会社は数年単位で解散と設立を繰り返していますので、同時に稼働しているのは5社から10社でしょうか。現在は7社がホームページを開いています。
 2013/05/02
現在はもう少し多い数の子会社が稼働している模様です。
 2015/7/30   
8、特徴のまとめ 

1、スポーツ新聞の全国紙や地方紙に1面全面の広告を載せる。

2、登録料500円程度で無料情報を提供すると言って会員を集める。

3、登録すると、担当者と称する者から電話が来て、その後は、郵便物が数日置きに、場合によっては毎日のように届く。

4、また立派なパンフレットが送られてきて、そこには、全国に情報網を張り巡らした、聞いたことのない日本最高峰の情報社(もしくは管理組織)が登場し、代表者や幹部の写真が載っている。的中実績を見ると毎レースで万馬券が出たことになっている。僅かの期間(8鞍とか16鞍)に数千万円の配当があったという捏造された的中実績が載せられている。

5、二百何十社の中から特別に選ばれたあなたに情報を提供するという話。

6、パンフレットや手紙には意味不明な難しい言葉(造語)が随所に使われている。

7、登録して1~2ヶ月ほどすると、何か困ったことはありませんか?と、自作自演の「競馬情報総合相談センター」から郵便が届く。 送られてくるチラシはこちら→ 自作自演の相談所から届くチラシ

8、さらに時間がたつと、様々な情報社から勧誘のダイレクトメールが届き始める。「損をしているあなたを救済したい」などと書いてあることが多い。情報社の住所は記載がなく、代わりに小さな文字で「一般社団法人 日本情報機構」(以前は「有限責任中間法人日本情報機構)」の名前と住所が入っている。
詐欺の手段として使っている日本情報機構のホームページへリンク→  「一般社団法人 日本情報機構
  
9、「一般社団法人 日本情報機構」(旧・有限責任中間法人日本情報機構) 
〒153-0061 東京都目黒区中目黒2-10-5 中目黒NKビル  
TEL. 03-5768-3251

 登録して1、2ヶ月経つと、聞いたこともない名前の情報社からダイレクトメールが毎週2、3通、次から次へと届くようになります。これらの情報社のほとんどは住所が書いてありません。しかし、封書をよく見ると小さな字で「一般社団法人 日本情報機構」(以前は「有限責任中間法人日本情報機構」でした)の名前が入っています。日本情報機構は情報社から委託されて封書を送付しているかのように言っていますが、各情報社と全く一体です。つまり日本情報機構(旧(株)ビッグウィン)という会社があって、子会社も、名前だけの各情報社も、日本情報機構も、競馬情報総合相談センターも、全て同じ人間達がやっているということです。

 詐欺の手段として使っている日本情報機構のホームページへリンク→  「一般社団法人 日本情報機構 」 

 郵便資料です→  日本情報機構 資料

 詐欺師のブログ→ 「代表理事のブログ」(閉鎖された模様。2014/3/8確認)
代表理事のブログに、昨年の大震災の被災地の話が書いてありました。知らない人が見れば、ああなんと心優しい人だろうと思うでしょう。しかし、日本情報機構は詐欺団体なのです。ウソデタラメを言って何十万円、何百万円の情報料をだましとっているビッグウィン系の一部署なのです。このブログは、偽善を超えた、単なるでたらめ記事ですが、ああここまでするかと、暗い気分になってしまいます。騙すだけも充分なのに、ここまでやるのかと。2012/04/18 
   
10、「競馬情報総合相談センター」(自作自演の相談所)   

(株)ビッグウイン系各社自作自演の相談センターです。
所在地、責任者名などが書いてありませんが、これはいかがわしい団体に共通することです。いったいどこにあるのでしょう。
※なお、平成21年5月1日付の抗議の文書が、代表幹事 石川洋一名で届いていました。うっかり忘れていましたが、遅ればせながら記載します。(2014/8/4)

 偽の相談所です→ ウソを言って信用させます。 にせの相談所「競馬情報総合相談センター」 へリンク 

 送られて来た郵便物→ にせの相談所「競馬情報総合相談センター」(資料)
   
10、「競馬情報総合相談センター」(自作自演の相談所) 
 
11、「競馬情報倫理委員会」 (自作自演の委員会)

(株)ビッグウイン系各社自作自演の「倫理委員会」です。
所在地が書いてありません。委員長挨拶があっても名前がありません。これだけで「おかしいぞ」と思う感覚が大切だと思います。

 詐欺の手段、安心させるために、偽の倫理委員会→  「競馬情報倫理委員会」 へリンク

所在地、代表者 不明
電話  0120-55-3207


※ビッグウィン系の会社は、仮に「100%」もうかるとは言わないとしても、毎レース万馬券が当たったかのような的中実績を見せて勧誘します。100%でなければ何%当たるというのでしょう。90%でしょうか。いや50%でも、万馬券が当たると言うのなら、立派な嘘、すなわち詐欺でしょう。万馬券は50%はもちろん、10%も出ません。ビッグウィン系の会社の情報は、希な例外を除けば、万馬券は全く出ないのが実際です。
   
12、郵便物は全て目黒区内に転送される

増山記透グループ=日本情報機構(ビッグウイン)に宛てた郵便物は全て目黒区内に転送されて受領されます

目黒区内のどちらかは未確認ですが、目黒に住所があるのは以下の通りです。

1、一般社団法人 日本情報機構
   東京都目黒区中目黒2-10-5 中目黒NKビル
1、(株)クリエイトシステム、(有)ビーワン、(株)メビウス、(株)KISAKU
   東京都目黒区東山三丁目6番16号石綿ビル3階
1、DAIJI(株)
   本社/東京都目黒区目黒本町2-17-3    営業所/東京都目黒区青葉台2-3-1

1、目黒の(株)ビッグウィン 東京都目黒区青葉台三丁目10番1号
1、(株)勝利の女神 東京都目黒区中目黒一丁目8番2号 
  
13、旧(株)ビッグウィンの経営者の責任
 
 旧(株)ビッグウィンは2つあり、1つは平成15年9月5日に、1つは平成23年3月14日に清算を結了しています。つまり法人としては消滅したわけですが、それに代わる「新たな詐欺会社(多くの子会社を統括する本部たる会社)」ができたと聞いています。その際、経営者がどうなったのかはよくわかりません。
 ただ言えるのは、旧(株)ビッグウィンは消滅しても、その時点ですでに存在した多くの子会社(競馬情報詐欺会社)はそのまま存在し続け、競馬情報詐欺を継続していたということです。そして時間が経つにつれ、残っていた子会社の多くは解散していきましたが、それに代わる新たな子会社も順次設立され、競馬情報詐欺は今もなお続けられています。今後も古くなった子会社は解散させ、新しい子会社を作るでしょう。
 このように、本体となる旧(株)ビッグウインは解散しても子会社はそのまま継続していたこと、そして、競馬情報詐欺の手法が昔も今も全くかわらないことから考えれば、「新しい詐欺会社」も旧(株)ビッグウィンとの関係が極めて深いと言わざるを得ないでしょう。言い換えれば、少なくとも旧(株)ビッグウィンの経営者もしくは幹部の一部がそのまま新しい詐欺会社の経営や運営に携わっていると考えるのが自然だと思います。

 旧(株)ビッグウィンの経営者には2つの責任があると考えます。1つは、かつて与えた被害をまだ弁償していない人たちに対する弁償義務です。もう一つは、競馬情報詐欺のノウハウをそっくりそのまま新しい詐欺会社の経営者に受け継がせ、現在もそれを続けていることを許している責任です。

 旧(株)ビッグウィンの代理人(新しい詐欺会社の相談役、法律アドバイザーと言ったらいいでしょうか)は、旧(株)ビッグウィンも新しい詐欺会社も詐欺行為はしていないと主張する一方で、するべき弁償は全てしているから問題ないと主張します。しかし、旧(株)ビッグウインの行為も新しい詐欺会社の行為も犯罪的な詐欺であることには間違いありませんし、新しい詐欺会社が今日まで存続しているのは、騙し取った多くの金員を返金せずに自分達のものとしてきたからこそであり、全ての被害者に弁償していれば会社は成り立つわけがないのです。私は多くの被害者の方の相談を受けてきましたが、中には生活が破綻してしまい損害賠償の請求どころではない人、あるいは精神を病んで、正常な判断力を失って廃人に近い状態になってしまった人もいることを知っています。電話の向こうで苦しそうに話す人たちがいても、ご本人の依頼がなければ私にはどうしようもありませんから、そのままにしてしまったものが少なからずあります。だれだって、数百万円あるいはそれ以上のお金をあっという間に失ったら、死を考えたり精神が病んでもおかしくないでしょう。人をして、そのような状況に追い込む危険性のあることを旧(株)ビッグウィンはやってきたのであり、、それを引き継いだ新しい詐欺会社は現在も続けているのです。代理人(相談役)弁護士の言い分は全くこれらの現実に無頓着で呆れてものが言えません。

 私は2005年頃から競馬情報詐欺に会った被害者の方の為に損害賠償の請求の文書を書き続けていますが、返金に応じてきた会社の多くは、競馬情報詐欺の世界から消えていきました。消えた理由には警察の追求を逃れる為ということもあったと思われますが、弁償すれば会社は成り立たないのです。また、会社がつぶれるほど弁償しても、被害の全てを弁償するのは無理なのです。なぜなら、詐欺師が騙し取った金員の多くは詐欺師たちによって分配され消費されているからです。残りの金員で全ての弁償をすることは不可能です。ですから、旧(株)ビッグウインや新しい詐欺会社のように、今も厳として生き続けている会社は、返金したといっても、それは騙した相手のほんのわずかな人に対してしたに過ぎないのです。従って、旧(株)ビッグウィンの経営者や幹部、そして社員達は、いまでも多くの被害者の人たちに重い責任を負っているのです。会社を清算したからと言って、これら個人の責任が消えるわけではないのです。ちなみに、不法行為の責任の消滅時効期間は3年、債務不履行等の責任は10年です

 私は、「何故いつまでもこのような犯罪行為を続けるのか!」「いい加減にしたらどうなのか!」、という思いで、(株)ビッグウインに関する記事を本ホームページ上で公表しています。もし、旧(株)ビッグウィンの経営陣が自分の責任を少しでも感じるなら、「新しい詐欺会社」の経営者や幹部の名前を私に知らせて欲しいと思います。そうすれば旧経営陣の名前の代わりに「新しい詐欺会社」の経営者や幹部の名前を公表することに致します。   2013/04/26

 
14、詐欺の道具 銀行口座一覧
  こちらです
15、かつて多数の被害者を出した日本情報機構系の各社

 下記の子会社は2社以外は全て登記がされており、これらの会社がスポーツ新聞に全面広告を出していました。また、これ以外にも、登記のない、住所不明の、名前だけのおびただしい数の情報社が出てきます。登記のない情報社は全て、一般社団法人 日本情報機構の名前でDMを送ってきます。
 登記のない情報社は個人名の口座を使って、そこに入金させていますが、最近では(株)ペイシステム等の料金収納代行会社を作って、そちらの口座に振り込ませるような方法を使い始めています。
 なお、登記のある会社の中には既に解散したものもありますが、詳しくは必要に応じて調べて頂ければと思います。
 また、たとえ解散しても暫く役員個人の責任は消えません。また、新たな会社の役員になっている者もいれば、役員として名前を出さずに中心的な役割を果たしているものもいます。首謀者の増山記透はその典型でしょう。

2013/04/29
水色は親会社もしくは犯罪組織の一部門を担当する会社
薄緑色は収納代行会社
白は競馬情報詐欺会社
登記上の本店所在地
(割愛)   
役員、元・現含む 
太字は現在も幹部と思われる者
設立年月日
            
112 (株)ももいろ同好会     塩 孝春  平成28年5月12設立 
111 (株)なないろ    内田圭介  平成28年2月22設立  
110 (株)プロダクトシステムズ     五十嵐 俊  平成27年8月4日設立 
109 (株)オウシュンカイ
    (株)システム 
    北山勝男 
吉田圭介   
平成27年7月24日商号変更
平成26年6月10日
 
108 (株)馬心
   旧 (株)ウマクラ
 
2015.04  増井直人   平成27年7月2日商号変更
平成24年6月6日設立  
107 (株)クローバーシステム        今野雄太    平成27年6月18日    
106 (株)ティアラ 
 (旧) (株)ジャパンクラシック 
   佐藤和広   平成27年5月26日商号変更
平成26年5月22日設立 
105 (株)無壁(むかべ)  ●  2015.05    米川貴之  ● 平成27年3月18日 
104  (株)ぽっぽビート     濵田拓郎  平成27年3月12日商号変更
(株)ビッグウインの役員→   藤原秀治
       ↑
    (旧) (株)フルハウス 
       ↑
(株)ビッグウインの役員→   遠藤孝弘        ↑
平成18年10月16日株式会社に変更
      ↑
(株)ビッグウインの役員→   小林一正  
    瀬下雅博
    濵田拓郎 
    (旧) (有)フルハウス    濵田拓郎 平成15年4月1日有限会社 
103 (株)ウマゾー    ●
   =(株)百万馬力  
 2015.05
×
祝 真人 ●
橘内雄樹 
平成27年2月18日商号変更
平成22年11月24日設立
102 事務通(株)     宮井雅也  平成26年12月22日 
101  (株)ターフの花束
  =(株)単勝トップ
  =(株)どさんこホットライン
2015.04    金井輝明
川渕慶介
三ツ矢泰洋 
平成26年12月21日変更
平成25年11月1日変更
平成24年4月19日設立  
100 ビジネスプライム(株)      山本賢一郎  平成26年2月21日  
99 (株)華組
(旧社名) 日本馬匠(株) 
  服部晃   平成26年1月8日商号変更
平成23年11月10日設立  
98  あいだサポート(株) (株)ビッグウインの役員→  小檜山聡 平成25年12月26日  
97 (株)トレジャーNavi     (株)ISCの役員→
   
  
佐藤孝洋
飯沼心司 
平成25年11月20日  
96 ビオラ総合代行(株)    山本賢一郎  平成25年10月1日 
95 (株)スペシャルステージ      (株)ISCの役員→ 千葉茂樹 平成25年8月21日  
94 (株)KDコンサルティング   柏木一宏 平成25年8月21日 
93 (株)ビルコインズ   二瓶健一  平成25年7月17日
92  (株)宝星
   (旧) 白椿(株)  
小原尚之  平成25年7月1日商号変更
平成18年12月28日
91 (株)ベストスポーツ
 (旧) (株)激熱
 (旧) (株)激熱倶楽部
    井野正宏  
佐藤文彦
平成25年5月22日商号変更
平成23年1月17日商号変更
平成22年12月9日  
90 (株)BZパートナーズ
   (ビーゼットパートナ
  二瓶健一  平成25年4月16日  
89 ペイリックス(株) (株)ビッグウインの役員→ 小檜山聡 平成25年4月3日
88 (株)ペイシステム   本木規晴   平成25年3月12日 
87 あさがおマネジメント(株)   二瓶健一  平成25年2月13日 
86 (株)コレクトシステムズ    飛松広高 平成24年11月13日 
85 ペイメントサポート(株)    柏木一宏  平成24年8月22日 
84 DAIJI(株)   (株)ビッグウイン役員→ 遠藤孝弘 平成24年7月24日   
(株)ISCの役員→  生野修(株) 
営業の人材募集をしている   
83 白馬のつどい        -   法人ではない模様  
82 (株)イッセン
  ((株)筆頭情報評議) 
△  吉田圭介 
吉田修 
平成24年7月22日商号変更
平成23年11月10日 
81 (株)ホンリュウ     松永猛 平成24年6月7日  
80 (株)さくら通信     岡本剛志  平成24年5月10日 
79 収納カスタムサポート(株)     飛松広高  平成24年4月16日 
78 (株)あんしんペイサービス    飛松広高  平成24年4月10日 
77 (株)GRAN5    菊地恵一 平成24年2月29日 
76  収納受託サービス(株)   後藤 宝 平成24年2月23日 
75 コレクト代行(株)    後藤 宝  平成24年2月15日 
74 (株)ひだりうま    鶴田雅士  平成24年1月6日
73 (株)全競OB界    正城純哉  平成23年11月10日 
72 (株)キャッシュコンサルタント    後藤 宝  平成23年11月9日 
71 GSP収納代行(株)   後藤 宝  平成23年11月2日 
70 (株)ダビプロ   高橋亮、浅沼亜美緯吾、正城純哉  平成23年10月24日  
69 (株)府中の母  2015.05.17  笹野康也
飯沼心司
平成23年10月21日
68 (株)M&C 
   競馬情報無料相談室
競馬情報総合相談センター(代表幹事・石川洋一)との関係は不明 石川洋一  平成23年7月4日 
67 (株)決勝 △   前原貴志  平成23年6月3日 
番外 (株)ビッグウイン (世田谷)    長谷川純
(弁護士)
平成23年3月14日清算結了  
66 (株)MUHAI    菊地恵一  平成23年3月3日  
65 (株)イダテン  ● 2015.05  宮下信一 ● 平成23年2月9日 
64 アストレル(株)  ○  吉田圭介 平成22年11月17日 
63 サラブレッドプロ(株)    田中知司
増井直人 
平成22年7月8日  
62 (株)優駿ナビ ○  川渕慶介  平成22年6月11日 
61 (株)勝狩(マサカリ)  ○   飯沼心司  平成22年5月25日 
60 (株)ハッピーチケット    菊地恵一  平成22年3月2日 
59 (株)ジャパンブリーディングクラブ     岡本剛志 平成21年12月10日
新親会社

58 (株)保 (たもつ) 
●   
(株)アドラス役員→   増山記透 平成21年10月1日
増山記透は首謀者   
(株)アドラス役員→  姫田和彦
(株)ビッグウイン役員→  藤原秀治 
  西山正樹
岩片古志郎 
57 白金堂      (非法人)       - 口座は個人名  
56 ターフマン          
55 (株)ゼンショウ           
54 (株)チェンジ(Change)           
53 まんてん競馬           
52 (株)メインの鉄人    増井直人 平成21年9月25日 
51  ウイニングジャパン(株)  前原貴志
関 智晃 
平成21年8月21日 
平成25年8月16日 清算結了
50 (株)ピンポイント    鶴田雅士  平成21年8月19日
49 (株)ホースレディース  ○  福島正彦  平成21年6月19日 
48 (株)的中ジャーナル  △  川渕慶介  平成21年5月27日 
47 (株)馬券太郎  △  飯沼心司  平成21年5月8日  
46 スクエアプロジェクト(株) △  山本謙介 
小原尚之
井野正宏
平成21年4月22日  
45 (株)トライフェクタ   ○  佐藤文彦  平成21年3月18日 
44 (株)道南まきば通信    柏木一宏
笹野康也
平成21年2月17日 
43 ファンズ&ベスト(株)    和泉一臣 平成21年1月23日
42  (株)ガリレオ   三ツ矢泰洋  平成20年11月26日 
平成24年1月14日清算結了 
41 (株)16連勝  ○  松本伸也  平成20年10月29日 
新親会社
40 (株)モノリス  
(株)ビッグウインの役員→  松﨑貴幸
平成20年9月5日   
  上原卓哉
河島嘉仁
 
新親会社
39 (株)ISC 
  
  生野修
佐藤孝洋
 
千葉茂樹 
平成20年9月3日   
新親会社
38   (株)ケイディエス
 
        
37 (株)喜作  KISAKU   過去に、ウェブサイト作成の人材募集をしている。   中野英彦 ●   
36 (株)うま福    田中知司  平成20年8月26日 
35 (株)いろは的中サービス      (株)ISCの役員→ 佐藤孝洋  平成20年8月5日 
34 (株)五十年会    ○  浅沼亜美緯吾  平成20年7月11日  
33 (株)必勝    中野英彦 ●
栗原淳 
平成20年6月25日 
32 (株)ファーストクラス    鶴田雅士  平成20年6月25日 
31 (株)ナンバーワン  ○  吉田修  平成20年5月19日 
30 日本一(株)   角田和馬  平成20年5月13日 
29 (株)さきがけ  ○  岩原正知  平成20年3月28日 
28 (株)ジェネラルファーマーズ    三ツ矢泰洋  平成20年2月27日
平成21年3月9日清算結了  
27 馬券長者(株)    刈間努(務)  平成20年2月14日
平成21年5月13日清算結了 
26 (株)激ウマ      (株)ISCの役員→ 千葉茂樹  平成20年1月25日 
25 (株)勝利の女神 ○  臼井純
吉田圭介 
平成19年11月16日
平成23年3月25日
24 (株)闘券    増井直人  平成19年9月19日
平成20年7月28日解散
23  一点的中(株)   永田勇太
飯沼心司 
平成19年9月11日
22 新日本的中(株)   福島正彦  平成19年4月27日 
21 (株)とくダネSport      (株)ISCの役員→ 生野修  平成19年3月27日
平成21年5月11日清算結了
20 (株)グランドライン    山谷力  平成19年1月16日 
番外 競馬情報倫理委員会  登記なし、住所なし、電話のみ(自作自演) 代表者名前なし    
番外 競馬情報総合相談センター 登記なし、住所なし、電話のみ(自作自演) 石川洋一   
19 一般社団法人 日本情報機構
 
  郵便物送付の手段としての法人     
(株)ビッグウインの役員→ 藤本章  平成19年1月11日    
(株)ビッグウインの役員→  遠藤孝弘 
目黒区中目黒2-10-5 中目黒NKビル 石塚玄 
吉田賀和 
18 みのりスポーツ(株)    (株)モノリスの役員→ 上原卓哉  平成18年12月15日 
17 (株)クリエイトシステム  狭い意味の日本情報機構の実労組織の模様 
詐欺集団の為の人材派遣会社
石塚玄  平成18年10月26日 
16 (株)SRK    △  小原尚之
柏木一宏 
平成18年10月13日
平成21年3月9日清算結了
15 (株)大本命 △  小原尚之  平成18年10月13日
平成21年8月11日清算結了
14 (株)エキスパート  ○  山本謙介  平成18年10月13日
平成21年8月11日清算結了 
13 (株)馬券応援団   山谷力  平成18年9月4日 
12ジェイド(株)   栗原淳  平成18年8月2日
平成21年4月15日清算結了 
11 (有)ビーワン     (株)アドラスの役員→ 増山邦夫  平成17年10月3日  
詐欺集団の郵便物発送作業を行っている模様    千葉大地
10 (有)13ゲート    中鉢昌人  平成17年3月18日
平成21年4月29日解散 
9 (有)ルート235 △  岩原正知  平成17年2月24日 
8 (有)当たり姫 △  関 智晃  平成17年1月31日
平成20年6月19日清算結了 
7 (株)メビウス   (株)ビッグウインの役員→ 原正夫  平成17年1月21日  
(株)ビッグウインの役員→  齋藤忍  
詐欺集団の顧客名簿を管理している模様 根本貴之
6  (有)競馬X   松田徹也
福島正彦 
平成16年2月18日
平成19年8月24日清算結了 
5  (有)雷電   中野英彦 ● 平成15年11月11日
平成20年8月26日清算結了 
4  (有)二馬力  △   吉田圭介
菊地恵一 
 
平成15年5月14日
平成19年8月24日清算結了 
3 (有)ドリームパイレーツ    
増山桂一郎  平成14年5月31日 
旧親会社
2 (株)ビッグウィン (目黒) 
目黒区青葉台三丁目10番1号 増山記透 ●
金子博行
   
平成14年4月18日
平成15年9月5日清算結了
   旧親会社

1 (株)ビッグウィン (世田谷) 


増山記透
登記に名前はないが実質経営者
(首謀者)

東京都世田谷区太子堂一丁目4番33号          
(株)保 (たもつ)役員→  増山記透 平成11年11月15日
平成23年3月9日清算結了 

しかし、左記太字の人物は現在もしくは最近まで活動中である
(2014.7.2現在)

増山記透グループの代理人は、解散した会社の役員には責任がない、その公表は人権侵害だと言ってきた。しかし、役員の多くは今でもグループ内の会社の役員をしていることが後に明らかになった。        
(株)モノリス役員→  松﨑貴幸 
(株)メビウス役員→ 齋藤忍 
(株)メビウス役員→ 原正夫
DAIJI(株)役員→
&日本情報機構役員
&(株)フルハウス役員
遠藤孝弘
(株)フルハウス役員→ 小林一正
日本情報機構役員→ 藤本章 
(株)フルハウス役員→ 藤原秀治 ●
ペイリックス(株)役員→
&あいだサポート(株)役員
小檜山聡
現役幹部→ 寺薗央教
    金子博行
岸直幸
菅原實
0 (株)アドラス     (株)保の役員→  増山記透 ●  平成7年10月20日
平成13年4月12日、移記、登記簿閉鎖。
平成14年12月3日解散

   
(株)保の役員→  姫田和彦 ● 
(有)ビーワンの役員→  増山邦夫
東京都世田谷区祖師谷2丁目3番15号
東京都世田谷区北沢2丁目6番6号 
祢津 実 
森川 暁 
  

 
参考 相談のあった情報社    
  
  
板倉事務所トップページ    競馬情報詐欺一覧   資料室    詐欺師同様の探偵社・非営利団体  2次被害